地方独立行政法人 大牟田市立病院|化学療法センター

地方独立行政法人 大牟田市立病院|化学療法センター

地方独立行政法人 大牟田市立病院

HOMEHOMEイベント・研修会イベント・研修会各種統計各種統計院内広報誌「たからざか」院内広報誌「たからざか」地域医療連携地域医療連携施設・交通案内施設・交通案内

診療科・各部門のご紹介

大牟田市立病院について大牟田市立病院について外来のご案内外来のご案内入院のご案内入院のご案内診療科・各部門のご紹介診療科・各部門のご紹介職員募集情報職員募集情報

化学療法センター

  • 化学療法センターは3階の救急病棟と隣接し、外来通院の患者さんを対象に化学療法を行っています。
  • 「安全・安心・確実」な治療を提供するため他職種と協働して治療管理に取り組んでいます。
  • 「地域がん診療連携拠点病院」に指定を受けている当院では、通院治療と在宅支援の機能を併せ持った化学療法センターを設置しています。
  • 外来化学療法が一般化している近年、新規抗がん剤の開発に伴い、多くの薬剤が臨床に導入されています。
  • 高度で複雑な医療を安全に提供するため、当センターでは安全に治療を行うための確認体制の強化、多職種におけるスタッフ間の連携、患者支援の充実により、安心して通院治療ができる化学療法の実施に努めています。

化学療法センター

外来化学療法のながれ治療予定の日は外来での受付を済ませたあと、化学療法センターで、採血と同時に抗がん剤投与のための血管確保を行います。
センターでは検査結果の待ち時間に問診を行います。検査結果がでたら、各診療科の外来で主治医の診察を受けていただきます。


外来化学療法のながれ薬剤部では化学療法予定に合わせ前日までに薬剤を準備し、治療薬剤の内容・投与量・投与間隔・休薬期間について確認を行います。


外来化学療法のながれ治療当日は薬剤の内容・投与量の変更・副作用の有無について再度確認を行い、無菌調製を開始します。
無菌的に調製された抗がん剤は、監査を済ませ薬剤部から化学療法センターに供給されます。


外来化学療法のながれセンターでは必要に応じ薬剤師による患者サポートが行われます。
患者さん自身に副作用と、その初期症状を把握していただくことで異常の早期発見やさまざまな副作用への対応が速やかに行うことができます。


外来化学療法のながれ外来から治療許可の連絡を受けると、センターでは前投薬の調製を行います。抗がん剤に伴う副作用に対し、現在さまざまな支持療法薬が開発されています。それぞれの患者さんに合った支持療法を行い、少しでも抗がん剤の副作用が防げるように努めています。


外来化学療法のながれ薬剤部から抗がん剤が供給された後、センターではバーコード認証システムによる患者・抗がん剤の一致確認と、投与順序・投与量・投与時間などの最終確認をします。また、治療を終えて帰宅した後の注意点や、副作用が生じた場合の対処方法などについて説明を行います。


外来化学療法のながれ化学療法センターには8床のベッドがあります。各ベッドには床ずれ予防用のマットや、テレビが備わっており、アメニティも充実させています。また、口腔ケア用品・各種パンフレットも充実させ、脱毛に伴う頭皮のケア、ウイッグの選び方・お手入れ方法・メンテナンスなどについての説明も行っています。


入院治療では、困ったこと、分からないこと、身体の不快症状があっても医療スタッフへすぐ相談できる環境の下で治療が行われます。
しかし、外来治療では自宅での療養となるために、患者さん自身でさまざまな身体症状に対処しなければなりません。そのような状況に直面した場合に、患者さんが冷静に対処できるようセンターでは多職種からのアプローチを取り入れて、患者さんが安心して外来での治療を受けることができる療養環境を提供しています。

奥園 恵がん化学療法看護認定看護師
久留米大学認定オンコロジーナース
奥園 恵


  • 治療を受けられる患者さんへ、正しい知識や正しい情報の伝達を専門的な立場から解り易く説明し、十分に理解していただいたうえで療養環境を支えることに努めます。
  • 抗がん剤による副作用を最低限に抑え、最小の苦痛で治療を行うために患者さんの身体状況を的確に把握し、生活上のアドバイスを行っていきます。
  • 治療に伴う経済的な問題や、社会資源の利用方法に関しても情報提供を行い、患者さん自身、またはご家族にとって安心できる生活をサポートします。
  • 治療に関する患者さんの疑問、悩み、不安などにはいつでも相談をお受けします。他部門の専門スタッフと連携し、必要なときに必要な情報を提供します。
  • いつも清潔で、快適な雰囲気の中で治療を受けていただけるよう努めます。