地方独立行政法人 大牟田市立病院|産婦人科

地方独立行政法人 大牟田市立病院|産婦人科

地方独立行政法人 大牟田市立病院

HOMEHOMEイベント・研修会イベント・研修会各種統計各種統計院内広報誌「たからざか」院内広報誌「たからざか」地域医療連携地域医療連携施設・交通案内施設・交通案内

診療科・各部門のご紹介

大牟田市立病院について大牟田市立病院について外来のご案内外来のご案内入院のご案内入院のご案内診療科・各部門のご紹介診療科・各部門のご紹介職員募集情報職員募集情報

産婦人科

◆大牟田周辺地区の中核病院として産科、婦人科の疾患に対し24時間体制で臨んでいます。

【婦人科】
 良性疾患(子宮筋腫、卵巣嚢腫など)は積極的に腹腔鏡下手術を取り入れ、術後の回復(術後疼痛緩和・早期離床・入院期間の短縮・早期社会復帰)に良好な結果をもたらしています。
 悪性疾患には手術療法・癌化学療法・放射線療法を組み合わせることによる集学的治療を行っています。抗がん剤治療では、外来治療を取り入れ、患者さんのQOLの向上に努めています。婦人科悪性腫瘍終末期の患者様に対しては病院完結型ではなく地域包括ケアの導入を行っています。訪問医療を取り入れ、地元開業医にスムーズに連携し、患者様や御家族が不安に陥らない緩和医療を目指しています。高齢化社会において、女性には様々な問題が生じております。その一つに、更年期の問題があります。更年期以降では、精神的な不安や不眠症、排尿障害、動脈硬化、高血圧、脳卒中、骨粗鬆症などの様々な症状や病気が発生する可能性が高くなります。当科では積極的にホルモン療法や漢方療法などを行い、予防や治療に努めています。

【産科】
 診断にはME機器を駆使し、小児科医との連携をとりながら、周産期医療を行っています。分娩にはソフロロジー式分娩法を取り入れています。産後の疲れも少なく、楽しく母乳育児ができ、お母さんやご家族の方々から好評を博しています。また、立会い分娩も積極的に行っています。分娩の場では、実に静かで穏やかで、感動に満ちています。当院は、大牟田市周辺地区の中核病院として、ハイリスク妊娠の紹介も多く、高次病院(久留米大学病院、聖マリア病院など)と常に連携をもって診療に努力しています。
 さらに、当院で出生された児にはABR検査(他覚的聴力検査)を取り入れ、先天性難聴の早期発見に努めています。

前田 哲雄

望月 一生(産婦人科部長)
[産婦人科全般 ]

●久留米大学(平成12年卒)
●日本産科婦人科学会専門医

桃嵜 正啓

河野 亮介(産婦人科医長
[産婦人科全般]

●久留米大学(平成19年卒)
●日本産科婦人科学会専門医
●日本性感染症学会認定医

中島 三佳

藤田 智之(産婦人科医員)
[ 産婦人科全般 ]

●久留米大学(平成24年卒)

中島 三佳
深川 知明(産婦人科医員)
[ 産婦人科全般 ]

●福岡大学(平成24年卒)

■産婦人科(外来受付3) ※診療の都合により変更する場合があります。

診察室
52 交 替 望月 一生 河野 亮介
望月 一生 深川 知明 交 替
53 交 替 深川 知明 藤田 智之
藤田 智之 河野 亮介


  下線の引いてある医師が初診担当です。
  月曜日の初診担当、再診担当医師は交替になります。
  火・水・金曜日は初診担当医師が妊婦健診担当医師になります。

  予約については 「紹介患者予約制のお知らせ」 をご参照ください。

■助産師外来のご案内
 助産師外来では、助産師が医師と共に、妊婦健診を行っています。医師は、診察 (内診、超音波検査など)を行い、助産師は、妊婦さんの保健指導や健康相談、分娩へむけての指導、母乳育児を勧めるための乳房ケア、育児相談などを行っています。
 母親学級では、分娩の兆候や、ソフロロジー分娩を中心としたお話をしています。
 母乳育児相談外来では、母乳育児に関するさまざまな相談に応じています。


助産師外来(妊婦健診) 母親学級 母乳育児相談外来
実施日 月・火・水・金曜日
月・火・水・金曜日 随時
時間 8:30~11:00(月・火・金)
13:00~16:00(水)
 14:00~16:00(月:助産師)
午前中

■日本ソフロロジー法正規施設として認定されました

  • 産科では、2000年より『ソフロロジー式分娩法』を取り入れ、ソフロロジーの音楽が全室で聴けるように整備し分娩を行っています。このたび、当院の取り組みに対して、日本ソフロロジー法学会より、認定施設として認められましたのでご報告いたします。