地方独立行政法人 大牟田市立病院|健診センター

地方独立行政法人 大牟田市立病院|健診センター

地方独立行政法人 大牟田市立病院

HOMEHOMEイベント・研修会イベント・研修会各種統計各種統計院内広報誌「たからざか」院内広報誌「たからざか」地域医療連携地域医療連携施設・交通案内施設・交通案内

診療科・各部門のご紹介

大牟田市立病院について大牟田市立病院について外来のご案内外来のご案内入院のご案内入院のご案内診療科・各部門のご紹介診療科・各部門のご紹介職員募集情報職員募集情報

健診センター

◆健康とは、ご本人のみならずご家族の方、あるいは地域の方にとってもかけがえのない大切なものです。私ども健診センターでは、健康教室や各種健診・人間ドッグ、地域での健康推進活動をとおして、みなさまの健康づくりを応援していきます。
◆当院に通院あるいは入院中の患者様を対象に、各種院内教室を開催しています。「自分の体は自分で守る」という心構えで、同じ病気や悩みをもつ方とともに、しっかりと学び・支え合う機会をつくり、地域のみなさまをサポートしていきます。

院内教室のご案内

【ストーマの会】
大腸がんの手術をされた方を対象に、最新の情報などをお話します。

【糖尿病教室】
糖尿病の方を対象に、糖尿病を正しく理解して専門医とともに治療を続けていくための教育プログラムです。

【脳外科患者教室】
脳外科の病気をお持ちの方を中心に、健康に関するさまざまなお話を専門医がわかりやすくお話します。

【リマンマの会】
乳がんの手術をされた方を対象に、最新の情報などをお話します。

久保田 雅博

久保田 雅博(健診センター部長)

●防衛医科大学(平成2年卒)
●日本外科学会認定医・専門医・指導医
●日本胸部外科学会認定医
●日本消化器外科学会認定医・専門医
●日本がん治療認定医機構暫定教育医
●消化器がん外科治療認定医

■医師診療日のご案内 ※診療の都合により変更する場合があります。

診察室
1 久保田 雅博
久保田 雅博 久保田 雅博
久保田 雅博 久保田 雅博


※第2・4水曜日と第2・4木曜日は午後からも診察があります。

 タバコの煙には、発がん性を有する化学物質が多く含まれています。また、タバコの煙に含まれる活性酸素は、血管内皮細胞を障害するため動脈硬化が促進され、心筋梗塞・脳梗塞などの疾患のリスクが増加します。その他肺気腫や妊娠中の喫煙に伴う乳幼児突然死症候群や先天異常の危険性が高まることが判っています。
 平成26年4月より、当院は敷地内禁煙となり禁煙治療が保険適応となりました。禁煙外来を開設しましたのでご案内します。

【診療日時(要予約)】
月曜日~金曜日・・・10:00~11:00
(水曜日のみ13:00~15:00)
完全予約制となっております。下記健診センターへお問い合わせのうえ、ご来院ください

【費用等】
保険適用となるには一定の条件があります。
詳しい条件や費用は下のPDFファイルをご確認ください。
pdf 禁煙外来のご案内(PDFファイル)

【お問い合わせ先】
健診センター/TEL:0944-53-1061(内線 5430)

 当院では、足のことで悩みを抱えている患者さんを対象に、フットケア外来を行っています。半年間を目安に、医師による診察、セルフケアに向けた指導・助言・必要に応じて処置を行っています。足や爪のケアやお手入れ方法などについて、どうぞお気軽にご相談ください。

【外来日】
毎月第2、第3、第4、第5月曜日および第1火曜日の午後1時から

【担当医・スタッフ】
当院の形成外科ほか、内分泌代謝科・皮膚科・血管外科の医師が交替で担当します。
看護師が指導に従事します。

【予約】
事前に予約が必要です。診察・指導をご希望の際は、健診センターまでご連絡ください。

【お問い合わせ先】
健診センター/TEL:0944-53-1061(内線 5430) FAX:0944-41-1227

  • 当院では、健康の3要素である栄養・休養・運動の面から考えた健康診断・人間ドックに取り組んでいます。
  • 健康診断・人間ドックにご来院いただいた方の立場にたった健康相談を行い、より健康な姿をめざして実践できることを一緒に考えていきます。
  • 当院内で実施しているため、再検査や精密検査さらには治療が必要な場合には、すみやかに専門外来を受診いただけます。

■健康診断・人間ドック

  • 全国健康保険協会管掌健康保険 生活習慣病予防健診
  • 健康保険組合や企業・団体さまとのご契約によるもの
  • 大牟田市にお住まいの方がご利用できる健診
  • 特定健康診査
  • 個人さまのお申込みによるもの
  • 労働安全衛生規則に基づく雇用時健診・就学時健診など

■低線量胸部CT検査
大牟田市立病院 健診センターでは、平成23年4月からオプション検査の一つとして「低線量胸部CT検査」を導入します。
通常、肺がん検診や人間ドックでは、画像検査として通常のX線検査を行います。
しかし、通常の検査ではどうしても小さい肺がんや他の臓器と重なる部分の肺がんは見つけにくいという状況があります。
CT検査では、比較的小さい病変を見つけやすく、また他の臓器の影も生じません。
通常のX線検査に比べて放射線の被ばく量が多いのが欠点ですが、通常の病院診療で行う検査よりも弱いX線(低線量)で行い、放射線のデメリットを許容範囲に収める努力をしています。
また肺がんのほかに、喫煙者に起きうる致命的な疾患 COPD(慢性閉塞性肺疾患)の状況などを、調べることができます。
検査には高性能の装置(64列多検出器CT)を用いるので、短時間(5-10秒)で精密な画像を撮影できます。
検査は、1年に1回、毎年行うことを基本としています。毎年受けることで、肺がんの早期発見の可能性が高まります。
なお、比較的新しい検査なので、この方法を肺がん検診として行った場合の、肺がん死亡率の減少を示した日本の科学的データは、現時点ではまだありません。
現在、データ収集が国内外で進行中で、おそらく近年中に明らかになると考えられます。
デメリットと、肺がんを見つけられるメリットなどを考慮し、以下の方を対象としています。
(1)40歳以上の喫煙者もしくは過去喫煙者(特に一日の本数×喫煙年数が600以上の方)
(2)50歳以上で、上記以外の方
それ以外の方についてはご相談ください。
年齢や喫煙状況などにより、おすすめしない場合があります。40歳未満の方には行いません。
また健診の性格上、何も症状がない方を対象としています。なんらかの症状がある方については、当院外来を含めた医療機関の受診をおすすめします。
※検査法や運用などについては 特定非営利活動法人/日本CT検診学会 のガイドライン(指針)に基づいています。

■ABC検診のご案内

■アミノインデックス検査のご案内

■脳ドックのご案内

■特定健康診査情報

■特定保健指導情報
    pdf 保健指導機関情報(PDFファイル)

【お問い合わせ先】
健診センター/TEL:0944-53-1061(内線 5430)