地方独立行政法人 大牟田市立病院|当院の沿革

地方独立行政法人 大牟田市立病院|当院の沿革

地方独立行政法人 大牟田市立病院

HOMEHOMEイベント・研修会イベント・研修会各種統計各種統計院内広報誌「たからざか」院内広報誌「たからざか」地域医療連携地域医療連携施設・交通案内施設・交通案内

大牟田市立病院について

大牟田市立病院について大牟田市立病院について外来のご案内外来のご案内入院のご案内入院のご案内診療科・各部門のご紹介診療科・各部門のご紹介職員募集情報職員募集情報

当院の沿革

S12年6月   有明町に仮診療所を開設(名称:大牟田市診療所)
16年3月   宝坂町診療所開設(19床)
20年8月   宝坂町診療所は戦災により焼失し、駛馬町、諏訪町、小浜町、宝坂町に転々と仮診療所を開設
25年8月   不知火町に国民健康保険直営診療施設として大牟田市立病院を開設(73床)
27年4月   社会保険病院を併置
36年3月   社会保険病院を買収、269床の公的総合病院となる
39年3月   厚生年金保険積立金還元融資を受け、3か年計画により増改築を実施
39年4月   地方公営企業法の財務規定を適用
40年11月   3か年計画による増改築事業完成、病床数338床となる
42年4月   診療報酬点数表を乙表へ切り替え
43年3月   コバルト60治療棟の建設
43年11月   全国自治体病院協議会の経営診断を受ける
45年4月   病院自主財政再建計画の策定
48年1月   脳神経外科の新設
52年5月   消化器科、循環器科の新設
54年1月   外科系救急二次医療の発足
54年2月   全身用コンピュータ断層撮影装置(CT)の設置
54年5月   西7階病棟の増築
54年11月   麻酔科外来の新設
55年6月   全館空調設備の完成
57年2月   結核病棟を一般病棟へ変更(54床分)
57年4月   基準看護 特2類、8病棟、338床(全床)となる
60年3月   臨床研修病院として厚生大臣指定を受ける
60年4月   精神神経科の新設
60年4月   院内土足解禁の実施
61年4月   診療報酬点数表を甲表へ切り替え
61年4月   医事業務を電算化
61年11月   自治体立優良病院として自治大臣表彰を受賞
62年5月   救急病院の告示
63年3月   外国医師等の臨床修練に係る病院として厚生大臣指定を受ける
63年6月   基準看護 特3類、2病棟、41床(西3階33床、救急8床)となる
63年8月   全身用コンピュータ断層撮影装置(CT)の更新
H元年2月   基準看護 特3類、4病棟、144床(東3階54床、西7階49床を追加)となる
2年1月   夕食配膳時間の改善
2年3月   移転新築用地確定
2年5月   大牟田市立病院建設検討委員会を設置
2年9月   救急医療関係功労者県知事表彰を受賞
2年9月   大牟田市立病院建設検討委員会より答申を受ける
3年10月   移転新築用地を大牟田市土地開発公社から購入
4年3月   移転新築工事に伴う基本設計完了
4年10月   移転新築工事に伴う実施設計完了
4年12月   基準看護 特3類、全病棟(西4階46床、西6階49床を追加)となる
4年12月   移転新築についての病院開設許可(62床増床し、400床)
5年3月   建築工事ほか3件の工事契約締結
5年4月   移転新築工事起工式
5年4月   形成外科の新設
6年9月   基準看護 特3類、6病棟、243床(東2階51床、西5階48床を追加)となる
7年1月   移転新築工事完成
7年5月   総合病院名称の許可を受け、大牟田市立病院と改称、開院(不知火町3丁目3番地から宝坂町2丁目19番地1
  へ移転)338床を400床に増床特定病床:がん50床特定病床:救急12床(旧病院8床を20床に増床)
  高度医療機器の整備(MRI、CR、心血管造影装置、RI、骨塩量測定装置、ライナック、
  アフタ-ロ-ディング、温熱療法装置等)医療情報システムの導入及びカルテの中央管理化組織機構改革
(研究研修部、病歴管理室、診療部、中央検査部、中央放射線部、看護部、中央手術室、救急科、
  がん診療科、栄養科、医事課の新設又は変更。診療技術部門における管理職の配置及び看護部門における
  副婦長制の導入)
7年5月   理学診療科の新設
7年5月   大牟田市立病院として臨床研修病院の指定を受ける
8年1月   新看護(2.5対1看護、看護A加算、10対1看護補助)
8年2月   給食選択メニュ-開始
8年3月   開放型病院(30床)
8年3月   倉庫増設工事完成
8年6月   第1回「市民のための公開セミナー」開催
9年3月   旧市立病院解体整地工事完成
9年4月   医療福祉建築賞「1996」を受賞
10年3月   旧市立病院跡地を臨時市民駐車場として運用開始
10年3月   全国自治体病院協議会の経営診断を受ける
10年10月   医療福祉部の新設
11年1月 (財)日本医療機能評価機構による病院機能評価の認定を受ける
11年2月   第1回「院内学会」開催
11年3月   大牟田市立病院ニュース「たからざか」を発刊
11年5月   災害拠点病院の指定
13年1月   腎センターの開設
14年10月   一般病棟Ⅰ群入院基本料1(2対1看護)
15年7月   経営改善対策室の設置
15年9月   東4病棟休床
15年12月   地域がん診療連携拠点病院の指定を受ける
16年1月 (財)日本医療機能評価機構による病院機能評価の認定更新を受ける
16年4月   医療情報システムの更新 一般病棟Ⅰ群入院基本料2(2.5対1看護)
16年6月   栄養科調理部門を全面委託
16年7月   電子カルテシステムを導入
16年8月   給食選択メニューが週5回になる
17年2月   400床を350床に減床
17年2月   腎センター8床を15床に増床、健診センターを東4階に開設
17年2月   外科・麻酔科外来を4階に移転
17年4月   医療安全対策室を設置
17年4月   消化器病センター、脳卒中センター、外来化学療法センターを開設
17年4月   旧市立病院跡地売却
18年4月   一般病棟入院基本料(10対1)
18年6月   DPC準備病院となる
18年6月   マルチスライスCTを導入
18年10月   地域医療連携室を新設
19年4月   助産師外来を開設
19年4月   大牟田市立総合病院経営形態検討委員会を設置
19年10月   院外処方を開始
19年10月   大牟田市立総合病院経営形態検討委員会から答申を受ける
19年11月   セカンドオピニオン外来を開設
20年2月   地域がん診療連携拠点病院の指定更新
20年3月   放射線治療装置を導入
20年7月   DPC対象病院となる
20年9月   血管造影検査システムの更新
20年12月 (財)日本医療機能評価機構による病院機能評価(Ver.5)の認定更新を受ける
21年3月   地方独立行政法人大牟田市立病院の定款について議会の承認を得る
22年4月   地方独立行政法人大牟田市立病院開設
22年4月   診療科名称の見直し(29診療科標榜)
22年5月   一般病棟入院基本料(7対1)
22年11月   那覇市立病院と職員派遣交流実施
23年1月   医学生・看護学生奨学金貸付制度創設
24年7月   福岡県から地域医療支援病院の承認を得る
24年10月 地域医療連携システムの運用開始
25年1月 臨床工学科を新設
25年3月 患者図書室の設置
25年3月 核医学検査装置の更新
25年7月 呼吸器外科の新設
25年11月 (財)日本医療機能評価機構による病院機能評価(3rdG:Ver.1.0)の認定更新を受ける
26年7月 臨床研究管理室を新設
27年3月 地域がん診療連携拠点病院の指定更新
27年4月 東6病棟一時休床(稼働病床300床)
27年5月 内視鏡センター開設
27年6月 管理棟(西増築棟)増築工事完了
28年3月 救急外来の拡張整備工事完了
28年10月 東6病棟再開(稼働病床326床)