看護師の仕事|地方独立行政法人 大牟田市立病院 看護部

看護師の仕事|地方独立行政法人 大牟田市立病院 看護部

交通アクセス交通アクセスリンクサイトリンクサイトプライバシーポリシープライバシーポリシーサイトマップサイトマップ

|看護師の仕事 : NURSES WORK

看護部では、看護部理念で掲げている「 感性豊かな看護 」を目指して、部署ごとに目標を立て、達成に向けて一丸となり業務に取り組んでいます。 ( 部署のご紹介はこちら )
「 認定看護師のご紹介 」 では認定看護師を紹介し活躍の一端を紹介しています。 「 ナースインタビュー 」 では新人看護師や先輩看護師に思いを語ってもらっています。 「 その他の活動 」 では院内や看護部のイベントを紹介しています。
盛りだくさんで大変そうと思われるかもしれませんが、苦労を共にしながらみんなで協力して「 達成する喜び 」を一緒に味わってみませんか。

|認定看護師のご紹介 : CERTIFIED NURSE

集中ケア認定看護師「藤崎 智文」 | 集中ケア認定看護師
冨松 高司

Q1.なぜ認定を取得しようと思ったのですか?
 高度で専門的な知識・技術を習得し、質の高いケアを実践できる能力を養うため。

Q2.なぜその種類の認定を選択されたのですか?
 生命の危機的状況にある患者・家族に対して重症化の回避、合併症予防、早期回復支援を図ることを使命とした集中ケア認定看護師を志した。

Q3.今後どのような活動を行っていきますか? または行っていますか?
 生命の危機的状況にある患者に対して、あらゆる側面からの生体反応を見極め、重症化を回避するための援助を実践します。他職種と協働し問題点を明確化し、患者の早期回復へ向けた援助が行えるようマネジメントを行います。
また、患者家族の心理状況を理解し、ニーズを充足できるよう援助を行います。

Q4.認定看護師を目指したいと思っている方へアドバイス等をお願いします。
 志高く臨んで下さい。

感染管理認定看護師「緒方 美穂子」 | がん放射線療法看護認定看護師
山下 美紀

Q1.なぜ認定を取得しようと思ったのですか?
 専門的な知識を修得したいと思ったため。

Q2.なぜその種類の認定を選択されたのですか?
 がん放射線療法看護学会に参加し、がんを切らずに治す最新の治療である放射線治療の凄さを知ったため。また、当院はがん拠点病院として、がん放射線療法看護認定看護師が必要であるため、病院に貢献したいと考えたため。

Q3.今後どのような活動を行っていきますか? または行っていますか?
 放射線治療チームのメンバーと協力して、治療を受ける患者さんがより安全に不安がないように、治療過程に生じる問題をアセスメントしながら、患者支援を継続していきたいです。

集中ケア認定看護師「藤崎 智文」 | 救急看護認定看護師
村上 潤一郎

Q1.なぜ認定を取得しようと思ったのですか?
 認定看護師は看護師になった頃から興味がありましたが、なかなか行動に移すことができずにいました。しかし、ある交通外傷で不幸な転帰をたどった患者さんに対し、我々医療チームが提供した観察や処置が本当に正しかったのかと疑問を持ち出しました。このような経験を通し、有明地区で「防ぎ得た死」を発生させないという使命感を胸に認定看護師への道を決意しました。

Q2.なぜその種類の認定を選択されたのですか?
 学生の頃から、解剖学や生理学は一生懸命勉強してきました。それらの知識を瞬時に引き出しアセスメントを求められる救急看護に魅力を感じているからです。

Q3.今後どのような活動を行っていきますか? または行っていますか?
 現在、従来まで医師が担当していた救急隊からのホットライン対応、その後の救急車搬入受け入れを平日時間内に限って私が担当しています。救急患者の病態に応じて、問題の優先順位を迅速に判断し、適切な初期対応技術を実践していきたいと考えています。
今後、まずは部署内において、救急搬送される患者さんへの根拠に基づいた対応を教育し、初療に携わる救急看護師レベルの底上げに努めていきたいと思います。また、院内においてもBLSやICLS、また急変時対応などの活動を行っていこうと思います。

Q4.認定看護師を目指したいと思っている方へアドバイス等をお願いします。
 認定看護師の教育課程は厳しいですが、様々な知識や技術、また仲間を増やすことができます。
当院で当たり前と思って行っている観察や処置が実はまったく根拠に基づいてなく異なっていたりと、当院を客観的にみることもできます。勇気がいる決断とは思いますが、ぜひ一歩踏み出してみてください。

感染管理認定看護師「緒方 美穂子」 | 感染管理認定看護師
緒方 美穂子

 感染管理認定看護師の役割は、患者さんとその家族や面会者、そして院内で働くすべてのスタッフを感染から守るために日々取り組んでいます。
感染対策は一人でできるものではありません。院内すべてのスタッフが科学的根拠に基づいた対策を日頃から実施することが重要です。そのために感染対策チーム( ICT )として多職種と協働して院内のサーベイランス( 感染率等の調査・分析 )を実施し、薬剤耐性菌の検出状況等の把握を行うことで、院内全体の感染対策の徹底を図っています。
また院内ラウンドや現場スタッフからの相談を受け、ともに考えながら問題解決に向けて支援をしています。
一方、院内の感染対策だけでなく近隣病院の感染管理担当者( ICT )と連携して「 地域の感染対策の充実 」にも取り組んでいます。地域における感染に関する情報交換や、お互いの病院を直接ラウンドして感染対策の質の向上を目指しています。日々変化する社会情勢にアンテナを高くし、新しい情報を得ながら、スタッフへわかりやすく指導・実践することで、これからもより効果的な感染対策を推進していきます。

がん化学療法看護認定看護師「奥園 恵」 | がん化学療法看護認定看護師
奥園 恵

 がん診療連携拠点病院である当院では多くの患者さんが、抗がん剤治療( がん化学療法 )を受けておられます。抗がん剤治療は近年の著しい発展により、患者さんの個々に合わせた治療選択ができる時代となりました。今では外来に通院しながら通常の生活を継続しつつ治療を受けている患者さんも多くみられます。
そこで、入院、外来での治療を問わず、患者さんが安心して療養できる環境を提供できるよう支援しています。

― 内容 ―

  • 正しい知識や正しい情報を、各専門職種と連携をとりながら解りやすく説明し、患者さん自身が納得のいく治療を選択できるようにします。
  • 抗がん剤による副作用を最低限に抑え、最小限の苦痛で治療が行えるように、患者さんの身体状況を的確に把握し、生活上のアドバイスを行っています。
  • 治療に伴う経済的な問題や、生活を支える社会資源の利用方法に関して、必要な情報を提供し、患者さんやご家族にとって安心できる生活をサポートしています。
  • 患者さんの療養に常に寄り添う姿勢を徹します。治療に関する不安や疑問、精神的なストレスや悩みなどについて、いつでも相談をお受けしています。

集中ケア認定看護師「藤崎 智文」 | 集中ケア認定看護師
藤崎 智文

Q1.なぜ認定を取得しようと思ったのですか?
 自分自身がおこなっているケア、これまで後輩スタッフに指導してきたケアに根拠を持つことができると考えたからです。現時点で正しいとされるケアを患者さんに提供したいと考えたからです。

Q2.今後どのような活動を行っていきますか? または行っていますか?
 まずは自分自身がケアやアセスメントを実践していきたいと思います。あわせて学ばせていただいた知識や技術を他のスタッフの皆様へ伝えていければと思います。

Q3.認定看護師を目指したいと思っている方へアドバイス等をお願いします。
 とりたいと思ったら行動あるのみです。何のために認定をとりたいか?認定をとってどんな活動をしたいか?など具体的に考えておくと良いと思います。

| 緩和ケア認定看護師
樋口 愛子

Q1.なぜ認定を取得しようと思ったのですか?
 当院は地域がん診療連携拠点病院でありながら、がん対策基本法にも要件として義務付けられている緩和ケアチームがないことに疑問を抱きました。また、日々、刻々と終末期の症状に苦しむ患者さんをみて、本当にできることがないのか、もっと症状を緩和する手段があるのではないか、と自分に問う日々が続きました。
緩和医療・緩和ケアが曖昧なまま提供されていることに納得がいかず、人に頼るのではなく自ら知識と技術を習得した方が早くて正確だと考え、40歳を過ぎてからですが勉強に取り組んだ次第です。

Q2.今後どのような活動を行っていきますか? または行っていますか?
 身体的・精神的・社会的・スピリチュアルな痛みを抱えた患者さんの痛みを一つでも多く緩和できるように、多職種で構成された緩和ケアチームで介入しています。緩和できない苦痛も多い中、だからこそ取れる苦痛は一つでも多く緩和し、最期のその時までその人らしく生活出来るようにサポートできればと考えています。また、「がん」と診断されたときからの緩和ケアの普及にも努めたいと思っています。

Q3.認定看護師を目指したいと思っている方へアドバイス等をお願いします。
 認定看護師に関わらず、思ったその時がその人の、その時だと思います。遅いも早いもないです。やらなきゃ何も始まらないので、終わりもないように思います。

|ナースインタビュー : NURSE INTERVIEW new

― ナースインタビュー ―
各病棟の「 新人看護師 」「 すてきナース 」をご紹介します。

救急病棟


新人看護師
氏名 高野 浩二
当院を選んだ理由 実習先が当院であり、その際に出会った先輩看護師に憧れてこの病院で働きたいと思い決めました。
アピールポイント 性格:優しい
気分転換:体を動かすこと、ラーメンを食べに行くこと 
病院・病棟のいいところ 地域を担う中核病院として地域住民に愛される看護が実際に提供されている事だと思います。また、生命を助け、支えていく事は大切ですが、状態が落ち着いた患者さんのケアもしっかりと行えている事だと思います。
今後の目標
こんな看護がしたい 
今は業務を覚えるのが精一杯ですが、今後は救急病棟という特殊性を理解し、どんな場面でも対応できる看護師になりたいです。また、対象は患者だけでなく家族も含まれるので、患者さんを取り巻く人々を支えられる看護を提供できる様にしたいです。


すてきナース
氏名 藤岡 万里菜
勤務年数 7年目
病棟の雰囲気は とても明るくて働きやすい病棟だと思う。
楽しいことややりがいは
ありますか

初療において、救急患者一人一人にアセスメントしていき、根拠に基づいた対応を行うことは難しいが、すごくやりがいを感じる。
今後の目標は 初療における救急患者への対応能力スキルアップ。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
救急外来・救急病棟を一緒にみていくのは大変かと思いますが、一緒に頑張っていきましょう。



新人看護師
氏名 松本 桃奈
当院を選んだ理由 病院奨学金があり、家から通うことができることや、中学生の頃に職場体験をさせて頂き、優しく教えてもらい働きやすいと思ったからです。
アピールポイント 性格:元気
気分転換:友達と遊んだり、バスケットをすることです
病院・病棟のいいところ 先輩方がみんな優しく、たくさんの事を教えてくださるので、毎日楽しく仕事をすることができています。
今後の目標
こんな看護がしたい 
少しでも多くのことを吸収して、救急車の対応や病棟業務をできるように頑張ります。


すてきナース
氏名 村上 知穂
勤務年数 3年目
病棟の雰囲気は 仕事しやすい雰囲気だと思います。
楽しいことややりがいは
ありますか

初療対応や救急らしい事に携われるとやりがいを感じることがあります。
今後の目標は 病棟の一員として責任を持ち、役割を果たす事です。また、一つ一つの症例を通して経験値を上げていきたいです。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
ともに精一杯働き学んでいきましょう。息抜きしながら・・・。

QQ_松本桃奈.jpgblank.jpgQQ_村上知穂.jpg
     松本さん             村上さん

新人看護師
氏名 菅本 正
当院を選んだ理由 大牟田市立病院は、大牟田地区の医療の中心となり、災害拠点病院・地域がん診療連携拠点病院など多くの役割を担っています。看護師として知識と経験を積むには最適な病院だと考え、大牟田市立病院への転職を決めました。
アピールポイント 性格:真面目とよく言われます
気分転換:子どもと遊ぶこと
ストレス解消法:スポーツ(サッカー・ランニング)
病院・病棟のいいところ 看護教育プログラムが充実していると感じます。中途採用の為、ほかの病院との違いに戸惑うことを予想していました。しかし、充実した研修を通して、同僚との関係を築くことができ、環境に馴染める事ができました。看護師として成長する環境が整っており、刺激を受けながら自分のスキルアップを目指します。
今後の目標
こんな看護がしたい 
看護師として12年目となります。今まで救急看護に関わりたいと思いながらも、縁がなく携わることができませんでした。今回、念願の救急病棟配属となり、新たなことにチャレンジするような新鮮な気持ちです。まずは、救急看護の基礎を学び、資格等も含めスキルアップしていきたいと思います。


すてきナース
氏名 河野 洋人
勤務年数 8年目
病棟の雰囲気は スタッフみんな明るく、声をかけやすい雰囲気。
楽しいことややりがいは
ありますか

呼吸器合併症の予防や早期回復に向けて呼吸ケアを実践し病棟みんなで統一して介入を行っている事。
今後の目標は 急性期の刻々と変化する病態に合わせて適切なケア、看護を行っていきたい。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
初めが肝心です。救急は学べることも多いので一緒に頑張って行きましょう。

QQ_菅本正.jpg
      菅本さん

新人看護師
氏名 大田 理沙
当院を選んだ理由 子育て中でも急性期で経験を積むことを希望していて、その中でも大牟田市立病院はワークライフバランスに積極的に取り組まれていることを知り選びました。
アピールポイント よく食べ、よく寝ること
お酒を飲んでワイワイする事もストレス解消法の一つです。
病院・病棟のいいところ 病院全体がチームとなって協力し合っているところです。また、救急病棟は向上心の高いスタッフが多くエネルギッシュでとても雰囲気だ良いと感じました。私も日々刺激を受けています。
今後の目標
こんな看護がしたい 
救急病棟、外来で多くの経験を積み、専門性を高め、究めていきたいと思います。そして私もチームの一員として患者さんへ質の高い看護の提供をしたいと思っています。


すてきナース
氏名 小林 明菜
勤務年数 9年目
病棟の雰囲気は 明るく活気のある病棟です。何でも相談しやすい雰囲気があり、新人さん達も生き生き働いていると思います。
楽しいことややりがいは
ありますか

救急病棟入院中の短い時間で患者さんとどう関わるか、アセスメントできるか、「ありがとう」の言葉をもらうと、また頑張ろうと思えます。
今後の目標は 内視鏡、透視、血管造影など、検査や治療について学ぶこと。その中でどのような看護ができるか考えながら患者さんと関わっていきたい。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
嬉しいこと、辛いこと、仕事のこと、プライベートのこと、何でも話してもらえると嬉しいです。一緒に成長していきたいと思っています。

QQ_太田理沙.jpg
      大田さん

西3病棟


新人看護師
氏名 末吉 麗子
当院を選んだ理由 評判が良かったため。
アピールポイント
病院・病棟のいいところ すてきなスタッフの方々がたくさんの病棟です。
今後の目標
こんな看護がしたい 
思いやりがある看護を大切にできたらいいなと思います。


すてきナース
氏名 中田 真子
勤務年数 14年目
病棟の雰囲気は 看護師として女性としての先輩が多く、いろんな事を教わる事が出来ます。
みんな優しくて、明るい病棟です。

楽しいことややりがいは
ありますか

出産に関わることが出来たり、子どもからたくさんのエネルギーをもらうことができます。
今後の目標は 仕事と家庭を両立しながら、看護師としてのキャリアアップも頑張りたいです。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
一緒に頑張っていきましょう!!



新人看護師(助産師)
氏名 有馬 瑞葵
当院を選んだ理由 実習で大牟田市立病院にお世話になりました。素敵な助産師さんが多く、丁寧な指導を受け、ここで助産について学びたいと思い選びました。
アピールポイント 大牟田市立病院西3病棟のアピールポイントは、師長さん、副師長さんをはじめスタッフみなさんが優しく、丁寧に指導してくださいます。自律している助産師の先輩方が多くいることも魅力的です。また、教育担当の師長さんはすれ違う時に必ず、「大丈夫?何か悩んでることない?何でも言ってね。」といつも気にかけてくれて声をかけてくださいます。新人のため、看護技術の研修も先輩方が1から丁寧に講義や実技を交えて指導してくださり学ぶ機会がたくさんあります。
病院・病棟のいいところ 病院のスタッフさんたちの雰囲気が良いところです。職種を問わず、すれ違うスタッフ皆さんが挨拶してくださって明るい気持ちになります。
今後の目標
こんな看護がしたい 
妊産褥婦さんや小児に優しく、心に寄り添った看護をしたいです。


すてきナース(助産師)
氏名 野口 鮎美
勤務年数 4年目
病棟の雰囲気は アットホーム
赤ちゃんや子どもたちが癒やし笑顔が絶えない

楽しいことややりがいは
ありますか

大牟田市立病院で産んで良かった、また産みたい!と言ってもらえる時。
ママたちや子どもたとのコミュニケーション。

今後の目標は ステキな助産師になる。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
先輩から学び、自分で勉強し、笑顔で頑張りましょう!!

西4階病棟


新人看護師
氏名 江頭 真紀子
当院を選んだ理由 地元の大牟田市の病院で急性期看護の経験を積みたいと思い志望しました。また、大牟田市立病院は癌拠点病院でもあり、以前消化器内科で勤務していた経験をさらに深めることができると思いました。
アピールポイント 前向きに何事に取り組むことができることです。
病院・病棟のいいところ 新人同期での集まり、活動が定期的にあり親睦を深めることができるとこです。また、先輩方が優しく、分からないことがあれば丁寧に教えてくださることです。
今後の目標
こんな看護がしたい 
周手術期の患者さんの不安を和らげることができるような、説明や指導をできるようになりたいです。また、ストマ造設した患者さんも多く入院されているため、個々にあった装具をアセスメントし指導できるようになりたいです。


すてきナース
氏名 小宮 則子
勤務年数 13年目
病棟の雰囲気は 年齢の若いスタッフが多く、とても明るく賑やかな病棟です。また、患者さんやご家族が安心して手術をうける事が出来るように1人1人の方に合わせた看護を実践しています。ストーマケアなど、専門的知識を持っているスタッフが多く、お互いに相談しあいながら看護を実践しています。
楽しいことややりがいは
ありますか

患者さんやご家族が、手術を乗り越え、「家に帰って頑張ってみる。困った事があったらまた来るから。」と笑顔で退院される姿を見送る時が1番やりがいを感じます。スタッフの皆さんと一緒に話し合いながらケア方法を決める事が楽しいです。
今後の目標は 江頭さんはとても笑顔が素敵なナースです。今後、さらに専門性を深め患者さんやご家族1人1人に寄り添い、患者さんやご家族が安心してすごす事ができるような看護を実践して欲しいと思っています。また、先輩看護師として、経験年数の若い看護師の相談にのり、「江頭さんがいると安心する」と言われるスタッフになって欲しいです。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
これからもっともっと経験を重ね、たくさんの患者さんやご家族と出会って、一緒に成長していきましょう。ひまわりのような笑顔の江頭さんはとてもすてきだと思います。


新人看護師
氏名 熊谷 仁美
当院を選んだ理由 私は、仕事と育児を両立したいと思い当院を選びました。また、看護の教育体制も充実しており自分自身のスキルアップがのできる環境があると思ったからです。
アピールポイント 1つ決めたら最後まで諦めないところです。
病院・病棟のいいところ 病棟の先輩は、気さくな方が多く分からないことがあれば質問しやすい環境です。
今後の目標
こんな看護がしたい 
私は、患者の対応に対して1つ1つ丁寧に対応したいと心がけています。そのためには、私自身の看護の技術はもちろん気持ちの余裕が必要であり忙しい時こそ焦らないように1つ1つできる限り丁寧に行うように意識しています。


すてきナース
氏名 水上 真里子
勤務年数 3年目
病棟の雰囲気は 外科病棟は、主に周術期の患者さんのケアを中心におこなっています。忙しい時もありますが、みんなで協力しあいながらまた、わからない事などは先輩、後輩関係なく聞ける環境がある病棟です。
楽しいことややりがいは
ありますか

 
今後の目標は  
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
私とペアを組んだ熊谷さんは、今まで色々な経験を積まれ、当院に入職されました。また家庭では母でもあり、年齢も1つ違いです。仕事では、すでに夜勤も独り立ちされテキパキと動かれてます。一緒に仕事して、感じてる事は患者さんに対するアセスメント能力が高く、私もみならわなければないらないと感じてます。子育てでは、お互い大変ですが、共通の話題も多くこれからも、色々コミュニケーションをとっていきましょう。


新人看護師
氏名 古賀 なつみ
当院を選んだ理由 高齢化が進む中でこれから増加していくがんに対する看護の勉強をしたいと思い、がん治療の拠点である大牟田市立病院を選ばせて頂きました。
アピールポイント 気分転換・ストレス解消法:スポーツ、カラオケ
特技:バスケ、水泳
病院・病棟のいいところ 先輩方が丁寧に指導してくださるところ。
今後の目標
こんな看護がしたい 
もっと心に余裕を持って自分のことだけにならず、周りのことを考えて行動できるようになりたいです。


すてきナース
氏名 末次 可奈
勤務年数 3年目
病棟の雰囲気は みんなで協力し合って仕事ができ、先輩方とも話しやすく明るい。
楽しいことややりがいは
ありますか

手術を頑張った患者さんが元気になって退院する姿をみることができるところ。術後リハビリを頑張っている姿をみれること
今後の目標は リーダーとしての役割を果たし、周りのことも気にかけれるよう行動していきたい。新人さんとコミュニケーションをとり、仕事面・精神面のサポートを行う。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
新人の間は失敗ばかりで辛いことばかりかもしれないけど、それを乗り越えるときっと仕事が楽しいと思えるようになると思います。一緒に楽しくがんばりましょう!


新人看護師
氏名 宮崎 佳愛
当院を選んだ理由 地域の中核病院であり、高度な医療を提供しているため多くのことを学べると思い志望した。また、病院を見学した際の職員の雰囲気がとても良かったため、働きやすそうだなと感じた。
アピールポイント 何事もまじめに取り組むことができること。
病院・病棟のいいところ 先輩方が皆優しく、わからないことがあったら、何でも聞きやすい雰囲気がある。外科で手術が多く、術後の経過を観察することができるため勉強になる。
今後の目標
こんな看護がしたい 
患者さんの個別性に合わせた看護ができるようにアセスメント能力を身につけたい。また、患者さんが安心して治療に取り組めるように援助できる看護師になりたい。


すてきナース
氏名 宮島 多恵子
勤務年数 3年目
病棟の雰囲気は 明るく楽しく業務ができる病棟だと思います。
外科病棟で、毎日とても忙しいですが、みんなで助け合って患者さんの回復に向けて看護を行っています。

楽しいことややりがいは
ありますか

患者さんが元気になって退院される時は、本当にうれしいです。
患者さんから「ありがとう」と言って頂いたとき看護師になって良かったなと思います。
今後の目標は もっと患者さんのために何ができるか考えて行動できるようになりたいです。自分も学習を積み重ねながら新人育成ができるようになったらいいなと思います。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
業務や環境に慣れるまで本当に大変だと思いますが、患者さんのために何が必要か、しっかり考えて行動できるようになるといいですね。分からないことをそのままにせず、先輩NSに聞いたり、自分でしっかり学習する習慣を身につけるといいと思います。

西5階病棟


新人看護師
氏名 沖 誠治
当院を選んだ理由 実習に来た際、看護力が高いと思い、そのような先輩たちの下で働きたいと思ったからです。
アピールポイント 負けず嫌いなとこです。
病院・病棟のいいところ 研修の数が多く、充実しているところです。
今後の目標
こんな看護がしたい 
日々、自己研鑽に努め、患者様の早期回復に手助けしていきたいと思います。


すてきナース
氏名 大渕 沙耶
勤務年数 4年目
病棟の雰囲気は みんなとても仲がよく、勤務中はバタバタ忙しいことも多くありますが、チームで助け合いながら仕事ができます。
楽しいことややりがいは
ありますか

麻痺や意識レベルが悪かった方が、少しずつ元気になっていき、自宅や施設へ元気に退院して行っている様子を見るとやりがいを感じます。
今後の目標は まだまだ、移動して5ヶ月で慣れないことも多く、不安も沢山ありますが、日々勉強し苦手なことわからないことを克服して、きちんとした知識・技術を身につけられるように頑張りたいです。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
すごく勉強熱心に取り組んでいるようなので、これからも勉強も仕事も元気に笑顔で頑張っていきましょう!


新人看護師
氏名 島崎 喬右
当院を選んだ理由 看護師として、また人として成長できると思ったから。
アピールポイント 運動は得意です。
病院・病棟のいいところ 学習できる環境が整っているところです。                                   病棟は皆さん親切で、とても働きやすいです。
今後の目標
こんな看護がしたい 
患者さんから選ばれるような看護師になりたいです。


すてきナース
氏名 葭原 朱美
勤務年数 2年目
病棟の雰囲気は 先輩方がみんな優しくて、明るくて、優しく、時に厳しく教えて下さいます。
雰囲気がよくて、働きやすいです。

楽しいことややりがいは
ありますか

患者さんが治療やリハビリで回復され、ADLが徐々に上がって行かれる様子をみていて、やりがいを感じますし、嬉しくなります。
今後の目標は まだまだ、知識不足の所も多々あるので、しっかり学習していきたいと思います。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
わからないところは、そのままにせず、自己学習したり、先輩に聞くなどして、知識を深めていって下さい。


新人看護師
氏名 古川 真理
当院を選んだ理由 看護師1年目で、知識・技術ともにまだまだ未熟のため、救急の治療の必要とする患者が集まるこの急性期病院で多くの経験を積み、看護技術・知識・判断力を高めたいと思い大牟田市立病院を選択しました。また、認知症に対する積極的な取り組みが実践されているこの大牟田の土地で、認知症への看護についても学びたいということも理由の一つです。
アピールポイント 技術や知識が十分でない分笑顔で関わるように心がけています。患者からも笑顔がこぼれるような関わりをこれからも心がけていきたいです。
病院・病棟のいいところ 病院のいいところは、新人研修・教育が充実しているところです。座学・実技を通して看護の基本的な知識・技術を十分に学んだ後病棟に入ったため、初めての臨床という不安も軽くなりました。また、病棟でも、新人1人1人の力に合わせて親身に指導していただいています。周りの先輩看護師はとても心強い存在です。
今後の目標
こんな看護がしたい 
私は、まだまだ未熟で、患者の気持ちにまで目が届かず、患者とのコミュニケーションで気持ちのずれを感じることも多いです。患者にもっと関心を寄せて関わり、関係を築きながら、もっと愛のある看護が提供できるようになりたいです。


すてきナース
氏名 杉本 美波
勤務年数 2年目
病棟の雰囲気は 先輩、後輩共に親しみやすい環境です。優しく、厳しく指導してくださいます。
楽しいことややりがいは
ありますか

患者様の意識が回復し、元気になったり、退院されるときに「ありがとう」と言われるやりがいのある仕事だなと感じます。
今後の目標は 後輩の質問にははっきりと答えられる先輩になることです。また、自分の看護には自信をつけたいです。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
1年目だからこそたくさん悩んで、分からないことは先輩ナースに聞いて、分からないことを分からないままにしないでください。

西6階病棟


新人看護師
氏名 川口 莉奈
当院を選んだ理由 地元である大牟田で、医療に携わりたいと思ったからです。
アピールポイント 患者様とのコミュニケーションや業務など、最後まであきらめず一生懸命頑張ります。
病院・病棟のいいところ 病棟全体の雰囲気も良く、働きやすい環境だと思います。
先輩方も様々なことを指導して下さり、日々学ぶ事が出来ます。
今後の目標
こんな看護がしたい 
患者様とそれぞれの状態を見て、必要な看護を根拠に基づいて行って行きたいです。


すてきナース
氏名 戸上 瑛
勤務年数 3年目
病棟の雰囲気は 入院や、検査が多く毎日バタバタしていますが、スタッフ間で声を掛け合って、業務を行っています。
楽しいことややりがいは
ありますか

患者さんからの笑顔や、「ありがとう」の言葉を頂いた時は元気が出ます。
今後の目標は 患者さんの気持ちに寄り添った看護が出来るように、日々努力していきたいと思います。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
日々忙しく大変な事も多いと思いますが、患者さんを通して日々学んで一緒に成長していきましょう。


新人看護師
氏名 上野 藍
当院を選んだ理由 急性期の病院で勉強したいと思ったからです。
教育に力を入れてあることを知ったからです。
アピールポイント 笑顔
病院・病棟のいいところ 患者さんに対しての言葉遣いや接し方が丁寧なところ。
患者さんのADL向上のため、リハビリだけに頼らず車椅子に乗せたり、患者さんのことを一番に考えてあると感じました。
今後の目標
こんな看護がしたい 
患者さんに愛される看護師を目指して頑張ります。


すてきナース
氏名 角田 敬子
勤務年数 3年目
病棟の雰囲気は リーダーを中心にスタッフ間で声を掛け合いながら、業務が円滑に進むよう協力しています。明るい病棟で、看護師同士もとても仲が良いです。
楽しいことややりがいは
ありますか

患者さんの笑顔や言葉に私自身も元気をもらっています。
今後の目標は 視野を広くもち、リーダー業務や後輩指導を自信持って出来るよう、今後も勉強していきたいです。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
業務や疾患を覚えることに必死だと思います。一生懸命頑張る姿に私もとても刺激になります。


新人看護師
氏名 小嶋 菜月
当院を選んだ理由 自分が育ってきた大牟田で、地域の方々に対し高度で安心の出来る医療を提供していきたいと思ったからです。
アピールポイント 絵やイラストを見るのが好きで、自分でもたまにちょっとした絵を描いたりしています。
病院・病棟のいいところ 病院・病棟全体が明るい雰囲気で、チーム医療を充実しており、先輩方も優しい方々のためとても声がかけやすい雰囲気の病棟だと思います。
今後の目標
こんな看護がしたい 
知識・技術を高め、患者様の個別性や想いに寄り添った丁寧な看護を行っていけたらなと思います。


すてきナース
氏名 中山 祐実
勤務年数 3年目
病棟の雰囲気は 入院や検査が多く日々忙しいですが、皆で声を掛け合い協力し合って頑張っています。先輩方も優しい方ばかりです。
楽しいことややりがいは
ありますか

患者さんに感謝の言葉を頂いたとき。
今後の目標は 笑顔で患者さんの心に寄り添った看護を行っていきたい。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
一緒に頑張っていきましょう。

東5階病棟


新人看護師
氏名 川波 優理彩
当院を選んだ理由 急性期医療に興味があったから。
実家の熊本と福岡の中間地点にあったから。
アピールポイント 持ち前の明るさで患者様の心身に起きた変化にも根気強く寄り添いたいです。
病院・病棟のいいところ 設備が整っており雰囲気がいい病院です。また、病棟の先輩方はとても気にかけてくださり、優しく教えてくださるのでとても働きやすいです。
今後の目標
こんな看護がしたい 
働き始めて6ヶ月が経ちますが、まだまだ分からない事がたくさんあるので1日でも自立できるように頑張ります。


すてきナース
氏名 大坪 千菜美
勤務年数 3年目
病棟の雰囲気は 先輩たちが笑顔で話しかけてきてくれることが多いので相談しやすく働きやすいと思います。
楽しいことややりがいは
ありますか

患者さんから「ありがとう」や「安心した」という言葉を言われたときはやりがいを感じます。
今後の目標は もっと患者さんの声を聞いて必要な援助を考えられるようになりたい。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
たくさん診療科があって覚えることも多いですが1つ1つ覚えていくことが大切だと思います。分からない事は相談していください。


新人看護師
氏名 野口 芽生
当院を選んだ理由 HPで看護部の“感性豊かな看護”という理念をみて、自分の感性を磨きたい・看護観を育てたいと思いました。
アピールポイント 笑顔を忘れずに、毎日明るく頑張ります。
病院・病棟のいいところ 病棟は入退院・手術が多く、時間に追われることが多いですが、何かわからないことがあれば、先輩看護師に聞くと+αで教えていただけます。
今後の目標
こんな看護がしたい 
知識も技術も未熟なので、まずは様々なことを学び知識を増やしていきたいです。また、受け持った患者さんのことを知り、把握することで、その患者さんのニーズにあった看護を考え、提供できるようになりたいです。


すてきナース
氏名 原田 祐里
勤務年数 3年目
病棟の雰囲気は たくさんの診療科がある混合病棟で、様々な患者さんがいて大変なこともありますが、病棟スタッフが皆明るいため楽しく仕事ができています。
楽しいことややりがいは
ありますか

患者さんにありがとうや元気になったよと笑顔で言って頂けた時に特にやりがいを感じます。
今後の目標は どんな状況でも落ち着いて患者さんの事を第一に考えた看護ができる看護師になりたいです。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
分からない事はその都度学んで、一歩ずつ成長していきましょう。


新人看護師
氏名 廣田 千優
当院を選んだ理由 祖母が通院していて幼少期に何度か訪れていたことや、地元で働きたかったため選びました。
アピールポイント 気持ちの切り替えがすぐに行えることです。
病院・病棟のいいところ 雰囲気が明るく、困っていることや悩んでいると声をかけて教えていただけるため助けられています。
今後の目標
こんな看護がしたい 
早く1人で仕事が抜けのないようにできるように日々学んでいきます。


すてきナース
氏名 末武 夢華
勤務年数 5年目
病棟の雰囲気は 明るく、話しかけやすい雰囲気で、スタッフ間での連携がはかれている。
楽しいことややりがいは
ありますか

患者や家族から感謝の言葉を頂いた時。今まで分からなかったことなど一人で出来なかったことが、看護師としてようやく一人立ちし出来るようになった時。
今後の目標は 新人さんが少しでも早く慣れて一人立ち出来るようサポートしていく。報告・連絡・相談を大事にしていく。自身の看護師としての技術向上に努める。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
何かわからないことや相談があれば、いつでも気軽に声をかけて下さい!!

東7階病棟


新人看護師
氏名 永田 千幸
当院を選んだ理由 教育体制が整っており、多くのことが学べると思ったからです。
また、学校の卒業生の先輩が学びが多く働きやすい病院であること。
アピールポイント 患者さんや家族の方が声をかけやすい雰囲気づくりのため、笑顔で関わるように心がけています。
病院・病棟のいいところ 院内で活発に挨拶が飛び交っており、明るい雰囲気なところが良いと思います。研修も豊富で教育体制が整っていると思います。病棟では分からないことは先輩方が優しく教えてくださいます。新人が経験のない看護技術などは声をかけていただき、指導やアドバイスを的確にしてくださり、毎日学びが多いです。
今後の目標
こんな看護がしたい 
看護技術を確実に身につけていきたいです。笑顔を忘れず、患者さんに寄り添い、専門性の高い看護が提供できる看護師を目指します。


すてきナース
氏名 東原 由佳
勤務年数 5年目
病棟の雰囲気は みんな仲良く、明るい雰囲気の病棟です。
楽しいことややりがいは
ありますか

患者さんとお話をしてて、励ましの言葉やお礼の言葉をもらったときです。また、後輩が出来て一緒に働くことが出来て毎日が楽しいです。
今後の目標は ターミナル期の患者さんに寄り添い、最後の時期を自分らしく過ごせれるようなかかわりが出来るように看護技術を身につけていきたいです。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
看護技術に患者さんとのかかわりなど覚えることがたくさんあって大変だと思うけど、先輩達にたくさん聞いて、自分の技術にして下さい。いつものすてきな笑顔で患者さんをいやしてあげて下さい。


新人看護師
氏名 古賀 真由
当院を選んだ理由 教育制度がしっかりされていたことと働きやすい職場と聞いていたので選びました。
アピールポイント まだまだ若いので体力に自信があります!!
また患者さんと接するときは笑顔を忘れないようにしています。
病院・病棟のいいところ 病院全体が明るい雰囲気で様々な職種のかたとすれ違っても挨拶が返ってくるところです。病棟の食堂・談話室から見える景色がきれいなところが好きです。また先輩看護師さんたちは皆さん優しくわからないことがあったら丁寧に指導をしてくださいます。患者さんへの関わりや看護技術などとても尊敬しています。また休みもあり時間外などもあまりないので気分転換をする時間があるのでいいです。すてきナースさんとは出身校がおなじで地元も近いという共通点があり優しくしていただいています。
今後の目標
こんな看護がしたい 
たくさん経験を積んで専門性を高め患者さんに信頼される看護師になりたいです。東7階でたくさんのことを学びたいです。


すてきナース
氏名 今村 咲織
勤務年数 9年目
病棟の雰囲気は 化学療法や内視鏡治療、保存的治療を行うないか患者、癌ターミナル期などさまざまな患者が入院されています。多忙でバタバタしてしまうこともありますが、スタッフ間で声を掛け合い、活気ある職場だと思います。
楽しいことややりがいは
ありますか

後輩の成長を見ることがとてもうれしいです。
今後の目標は 患者さんや家族としっかり話をして「その人にとってベストな選択」の手助けになるように関われるようになりたいと思います。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
一期一会を大切にしましょう。患者さん・家族・スタッフなど学べることをどんどん吸収して自分のモノにしていくと、自信がついてくると思います。いつも笑顔で患者さんと接している姿は私も見習わなければいけないと感じます。


新人看護師
氏名 中村 優
当院を選んだ理由 福利厚生がしっかりしており、働きやすい環境であると思ったからです。また地域に根付いた病院であり自分も地域の方々の看護を行っていきたいと思ったからです。
アピールポイント 笑顔がいいと時々言われるのでそれを長所として仕事をしています。
病院・病棟のいいところ 新人の教育体制が整っているところだと思います。また、病棟ではどの方も分からないことや質問に優しく的確に教えてくださるところがいいところだと思います。
今後の目標
こんな看護がしたい 
誰からも信頼される看護師になりたいと思います。また、まずは基礎的な技術をしっかり習得することが1番目標としていることです。そのためにきちんと勉強をしもっと病棟、病院に貢献出来るような人間になりたいと思います。


すてきナース
氏名 山本 久美
勤務年数 9年目
病棟の雰囲気は 病棟全体が相談しやすい雰囲気で、明るく、わきあいあいとした病棟だと思います。
楽しいことややりがいは
ありますか

忙しい中でも患者さんとの色々な会話を楽しみにしています。
今後の目標は 終末期患者さんにその人らしい最後が送れるよう看護していきたいです。
すてきナースから
新人看護師への
アドバイス・エールなど
まだまだわからない事ばかりだと思いますが、いつでも相談してくださいね。大変だけど一緒に頑張ろうね。

|その他の活動 : OTHER ACTIVITIES new


― 看護部 ―
その他の活動をご紹介します!!

OTHER ACTIVITIES

― 連合互助会 ― new

 12月22日大牟田ガーデンホテルで連合互助会が行われました。
たくさんの部署が様々な余興を行い、大盛り上がりの1日となりました。
この団結力を持って2017年も「良質」で「高度な医療」を提供し住民に愛される病院を目指して頑張りたいと思います。
互助会1.jpgp_spacer.png互助会2.jpg

― キャンドルサービス ― new

 12月のイベントといえば、クリスマスです。クリスマスの時期が近づくと、すべての人たちが心躍るシーズンとなります。当院でも12月22日キャンドルサービスが行われました。
キャンドルサービスでは、サンタに変装した医師が各病室をまわり、患者さんたちへ心をこめたプレゼントを配ります。また、看護学生さんの歌声も加わり、みなさんと素敵な時間を過ごすことができました。
CS1.jpgp_spacer.pngCS2.jpg
p_spacer.png
CS3.jpg

― 急変シミュレーション ―

 看護部では毎年行動計画を立てており、計画の一つとして「急変シミュレーション」をあげています。今年度は特に『急変時対応の質の向上』を目指し、救急看護認定看護師の村上副師長をはじめ、救急病棟ICLSチームのご協力の下、各部署で企画し、連絡を取り合って順次実施しています。

 透析中の抜針という状況設定で、抜針後すぐに発見した場合と大量出血を発見した場合の二つの状況でシミュレーションを行いました。出血量やバイタルサインからショックと判断する見極めの目安として、SI(ショックインデックス)について学びました。透析室は抜針などの事故以外にも、短時間での電解質変動や循環量減少による急変の可能性を日頃から抱えている部署です。もしもの時に迅速な判断と素早い行動ができるように、今後も専門的な知識を習得し、実践に近いシミュレーションを行い、トレーニングを積んでいきたいと思います。
状況設定説明.jpgp_spacer.png事例1.jpg
p_spacer.png
事例2.jpg

― 第82回 看護研究会開催 ―

 『はばたこう 心にとどく 未来の看護』をテーマに10月8日に当院大会議室で、看護研究会を開催しました。発表演題は9演題で、76名が参加者しました。
 今回は、ポスターセッション形式で行い、活発な質疑応答が行われました。研究会の総評では、看護部長から「心にとどく看護研究のまとめ方のポイント」と題して、研究のまとめ方や各演題の着眼点などについて、パワーポイントを使って詳しくお話しがありました。
 今回のテーマにもあるように、看護は過去から学び、そして未来に向けて、新たな価値を創り出す過程をくり返し、発展を続けていきます。人に関心をよせ、あたたかい看護のこころを持って、日々患者さんのケアを行っていきたいと思います。
看護研究1.jpgp_spacer.png看護研究2.jpg
p_spacer.png
看護研究3.jpg

― 防災訓練を実施 ―

 9月27日、部分訓練(消火器・消火用散水栓の使用、煙幕の中の移動、シーツを使用した患者移動)を実施しました。5年間で全職員が実施できることを目的に、今年で3年目を迎えました。近年は日本各地で自然災害があり、身近な所では当院DMATも出動した熊本地震が記憶に新しいかと思います。参加者は協力して実施する中で防災に対する意識を高めていました。
防災訓練1.jpgp_spacer.png防災訓練2.jpg

― 学会発表 ―

 9月27日、28日の2日間、第47回日本看護学会~看護管理~学術集会が金沢で開催されました。学術集会のテーマは、『看護の叡知と創造の発信~看護の将来ビジョンを実現するマネジメント~』でした。当院からは、示説を2題行いました。演題は、「2交替勤務の導入の効果と課題~働きやすい勤務環境改善への取り組み~」と「新人看護師に対するメンタルサポートの有効性の検証」についてです。どちらのテーマも多くの施設で関心が高く、1時間の発表時間中質問が途切れることがありませんでした。その他の演題では、「在宅」や「地域」「認知症」というキーワードが多く聞かれた学会で、多くの学びを得ることが出来ました。
画像1.jpgp_spacer.png画像2.jpgp_spacer.png画像3.jpg

― 九州山口マネジメント学会報告 ―

 9月16日、17日に第15回九州山口連合マネジメント学会が佐賀で開催されました。当院からは、「病状を受け入れる事ができた終末期患者のSTAS-J評価を振り返って」という演題で発表を行いました。 講演内容や他施設の研究も興味深い内容が多く、とても貴重な体験ができました。
学会報告.jpg

― 大牟田腎不全看護研究会 ―

 9月15日、第6回大牟田腎不全看護研究会が開催されました。本会は、平成26年に大牟田周辺地域の透析看護、透析医療の向上寄与及び、患者医療に貢献することを目的に立ち上げられました。
今回のテーマは「災害対策」で、医師を含め7施設、29名の参加がありました。2施設(当院は災害対策について、杉病院は災害訓練や寒波時の経過と課題について)の発表後、グループに分かれて各々の施設での対策や課題について活発なディスカッションを行いました。
 今後も様々なテーマや地域で統一できることなどを継続的に検討していきたいと思います。
腎不全研究会1.jpgp_spacer.png腎不全研究会2.jpg

― 子ども参観 ―

 平成28年7月27日(水)病院職員の子どもを対象にこども参観がありました。女児5名、男児7名が参加し、病院で働く医師・看護師・栄養士・医療相談員・リハビリ(作業療法士・理学療法士・言語聴覚士)・検査技師の仕事内容を学び、実際の現場で働いている親の姿を見学しました。
西3病棟では新生児の沐浴、リハビリではリハビリに使用する器具を見学しました。また救急蘇生法や手洗いなど体験なども行いながら楽しく学び、終了後自宅では親へ感謝の言葉をかける子どももたくさんいたようです。
子ども参観1.jpgp_spacer.png子ども参観2.jpg

― ふれあい看護体験 ―

 7月5日に実際の看護の場を体験することで、看護に興味を持ち、これからの社会を担っていく人たちに看護職をつなげていくことを目的として、ふれあい看護体験が行われた。
今回は、八女学院高等学校2年生5名、3年生4名が参加しました。希望職種は、看護師2名、その他医療従事者7名でした。
看護師の仕事では、手術室見学、バイタルサイン測定、手足浴、車椅子・ストレッチャー体験、妊婦体験等を行いました。今年も手術室や妊婦体験は好評でした。
看護体験1.jpgp_spacer.png看護体験2.jpg

看護体験3.jpg

― 大牟田大蛇山祭り ―

 大牟田の夏祭りと言えば、大蛇山。 
 今年も院長や看護部長をはじめ新人職員を中心に大蛇山の総踊りに参加しました。
 参加した新人職員からは、
『小学生以来の参加でしたが、暑い中最後まで踊ることが出来て楽しかったです。』
『他職種の方と参加する行事が無かったので、貴重な経験になりました。』
『みんなで沢山笑い一緒に踊ることを体験し、楽しい時間を過ごせました。』
『同期の絆がさらに深まりました。』
と、様々な感想を聞くことが出来ました。炎天下の中、皆さんお疲れ様でした!
大蛇山1.jpgp_spacer.png大蛇山2.jpg

大蛇山3.jpgp_spacer.png大蛇山4.jpg

― 第1回綱引き大会開催 ―

 7月21日 部署対抗による綱引き大会が行われました。綱引きは今回初の試みで、部署内での団結や他部署との交流を図る目的で開催されました。当日は、猛暑の中1本の綱に力を込めて勝利を引き寄せる熱い熱い戦いが繰り広げられました。最後には、院長賞など含め10部署が表彰され、盛会に終了しました。
綱引き1.jpgp_spacer.png綱引き2.jpg

綱引き3.jpgp_spacer.png綱引き4.jpg


―  市民公開講座開催 ―
「もの忘れに困っていませんか?」

 認知症患者は年々増加しており、現在約7人に1人、2025年には4人に1人になると言われています。認知症と共によりよく生きて行くことができる環境整備のためにも、これからは認知症の理解が必要です。今回の市民公開講座は「物忘れに困っていませんか?」をテーマに、江川看護師長による認知症についての講演が行われました。
 講座には、約50名の市民の方々の参加がありました。認知症の種類や特徴、認知症の方とのコミュニケーション法などの公演後、日常で出来る認知症予防体操を一緒に実践しました。
市民公開講座1.jpg

― 看護部互助会(あゆみの会)の開催 ―

 あゆみの会(看護部互助会)の総会と懇親会が6月23日にホテルニューガイア オオムタガーデンで行われました。
 あゆみの会とは、昭和53年に会員相互の親睦と看護の質の向上を目的として発足され、今年で38年目を迎えました。
 総会は、会長挨拶・役員紹介・新人紹介・事業報告・会計報告等の報告が行われました。今回の総会では、手術室の田中妙子師長が福岡県知事賞を、東5の石橋壽子師長が福岡県看護協会長賞をそれぞれ受賞されたことの報告がありました。
 親睦会では、余興やゲームで新人さん達を始め参加された皆さんが楽しく過ごされていました。
 新人さんより「あゆみの会を通じていろんな人と話す事ができ、同期の絆がさらに強くなったと思います」とのメッセージをいただきました。看護部全体もあゆみの会総会を通して団結がより強いものになったと感じました。
Ayumi01_2016.jpgp_spacer.pngAyumi02_2016.jpg

Ayumi03_2016.jpgp_spacer.pngAyumi04_2016.jpg

― 大牟田市中央安全衛生委員会より看護部の3部署が職場環境等の良好事例として表彰されました ―

●東7病棟
3交代勤務を行っているため、準夜勤務(22時30分終業)の翌日に日勤となることもあり、心身への負担が大きいと感じていました。そこで、前日準夜勤務だった看護師には、定時で帰ることができるよう【カエルちゃんカード】を作成し病棟全体で取り組んでいます。当日の勤務者表示の横に、【カエルちゃんカード】を提示し、「本日のカエルちゃんは○○さんです」と看護師全員に伝達しています。
カエルちゃんになることで、前日準夜勤務だった看護師を気に掛けて業務をするようになったとの意見が聞かれました。現在2交代のため、対象者を検討中です。また他病棟では「ゴジラ-」と命名して定時で帰れる看護師を指定している部署も出てきています。
②-E7-1.jpgp_spacer.png②-E7-2.jpg

●中央処置室
処置室では、特殊な注射薬品を多く扱っています。看護師の勤務異動や他部署からの応援体制時に、耳慣れない薬品にスタッフもストレスを感じていると思い、注意事項を記載したカードを作成しました。薬品名とポイントが書かれたカードを作成した事で、異動や応援でくる看護師などから分かりやすくなったとの意見が聞かれています。
②-中処-1.jpgp_spacer.png②-中処-2.jpg

●手術室
スタッフに付箋を配布し、日々業務において感じる【改善したいこと】【気になること】を匿名で書き出すホワイトボードを設置しています。出された意見は月1回行われるカンファレンスの議題とし、スタッフみんなで協議し業務改善へと繋げています。 
匿名で貼り出せることで、個人個人が感じている思いを表出しやすくなり、様々な意見が聞かれるようになりました。
②-OP-1.jpgp_spacer.png②-OP-2.jpg

― 看護の出前授業 ―

 出前授業とは、看護協会の事業の一環として、実際に働いている看護職が学校を訪問し、講師として、いのちの大切さや看護職の仕事・役割、看護職になる方法などに関する授業を行い、生徒に生命や性、キャリア形式、看護の仕事等への理解と関心を促す目的として中学生、高校生及び教員・保護者を対象に行っています。今回助産師の本多文さんが中学1年生から3年生250名と保護者の方を対象に『性教育』の授業を行ってきました。
《助産師 本多 文さん》
妊娠の成立・命の誕生・男女の体と心の発達・性感染症について授業を行いました。
「わたしの産まれる確率」は3億分の1の奇跡的な存在であることや、出産のDVDで生命の誕生の瞬間を見ることで、命の大切さを感じてもらいました。
また、男女の体の仕組みや心の変化・体の変化を知ることでお互いのことを理解する思いやりの気持ちをもつこと、妊娠中絶や性感染症のことを知ってもらい、自分の体は自分で守っていくことの大切さを伝えていきました。
 生命の誕生の瞬間のDVDを見てもらった後、ちょうど当日誕生日の中学2年の男子生徒が「お誕生日おめでとうございます!帰ってお母さんになんていいますか?」という私の質問に対して、「産んでくれてありがとう」と答えられ、全校生徒からの盛大な拍手がわきおこり、私自身も授業をしながら感動しました。
 これからも地域の思春期の子どもたちに、命の誕生に常に携わっている私たちだからこそ伝えられるメッセージを伝えていきたいと思います。

①-1.jpgp_spacer.png①-2.jpgp_spacer.png①-3.jpg

― 3年間のワーク・ライフ・バランスの取り組みに対し、日本看護協会から表彰されました ―

 当院は平成25年から福岡県看護協会が行う「看護職のワーク・ライフ・バランス普及推進ワークショップ」に参加し、取り組んできました。
 当院のキャッチフレーズは、看護部で大事にしている「あゆみ」を英語で「walk」とし、「we walk let's walk big walk~さあみんなで一緒に大きく歩もう~」です。それぞれの取り組みは

●W  we walk みんなで取り組もう
   ①WLB通信の発行
   ②育児短時間制度の運用
   ③子ども参観の実施

●L  Let walk 一緒に業務改善し看護ケアの充実を図ろう
   ④出退勤調査の実態調査と目標設定
   ⑤終礼の導入
   ⑥ノー残業デーの実施
   ⑦看護ケアの実態調査
   ⑧もっとやりたい看護の実践

●B  Big walk キャリア開発に取り組み大きく成長しよう
   ⑨クリニカルラダーの再構築
   ⑩新人研修 STK(Sweet Tender Kind)=すてきナースの活用
 3年間の看護協会と共に歩む取り組みは終了しましたが、今後も職員が活き活きと働ける職場風土づくりに継続的に取り組んでいきたいと思います。

 →ワークライフバランスについてはこちら

WLB01.jpgp_spacer.pngWLB02.jpg

― DMATと日本看護協会災害支援ナースが被災地で活動 ―

 今回の熊本地震を受け、当院看護部からDMATとして5名、日本看護協会災害支援ナースとして1名のスタッフが要請により被災地に派遣されました。派遣されたスタッフのインタビューの一部を紹介します。
(救急病棟 村上副看護師長)
第1班目は、避難所で避難者の情報収集やアセスメント、トリアージを行いました。第3班目の出動は本震の後でもあり、被災地の被害はさらに拡大しており、通常は30分の距離が渋滞で約3倍の時間を要しました。被害を受けた益城の病院で、入院患者30~40名のアセスメント、及び緊急搬送が必要な患者数の把握を行いました。兵庫県のDMATと協力し、全患者のアセスメントを行い、翌日には全患者が自衛隊や他のDMATにより他施設へ搬送となりました。今回の派遣で災害という需要と供給のバランスの崩れた状況下での活動の難しさを再認識することができました。
(外来 江川看護師長)
阿蘇市立一ノ宮小学校の避難所に派遣されました。約500人の方が避難され、体育館や校舎に身を寄せて不安な毎日を過ごされていました。私は食中毒やインフルエンザなどの感染防止や感染者の早期発見、DVT予防、精神的不安の軽減に努めました。看護師2名で避難者の健康管理を行うことはとても過酷ではありましたが、被災された方からの感謝の言葉を頂いて支援ナースになって良かったと思いました。まだ復興には皆さんの力が必要とされています。熊本が元気になれるように応援しましょう。

DMAT01.jpgp_spacer.pngDMAT02.jpg
p_spacer.png
DMAT03.jpg

募集・採用情報募集・採用情報

ナースインタビューナースインタビュー

ワークライフバランスワークライフバランス

助産師外来助産師外来

有明地区「看・看連携」有明地区「看・看連携」

地方独立行政法人 大牟田市立病院 看護部

― 地方独立行政法人 大牟田市立病院 ―

福岡県大牟田市宝坂町2丁目19番地1
[ TEL ]0944-53-1061 ㈹

初 診 [ 月 ~ 土 ]8:15 ~ 11:00

再 来 [ 月 ~ 土 ]8:30 ~ 11:00

休 診 [ 日曜日・祝日・振替休日 ]

交通アクセス交通アクセス

大牟田市立病院( WEB SITE )

ホームページはこちらからどうぞ。

smb_link_a.gifsmb_link_a.gif

日本医療機能評価機構病院

認定更新審査( 3rdG:Ver.1.0 )に合格しました。

ワークライフバランス( WLB )

当院は「 ワークライフバランス 」に参加しています

院内「 全面禁煙 」について

院内は「 全面禁煙 」となります。
皆様のご協力をお願いします。