地方独立行政法人 大牟田市立病院|研修医の紹介

地方独立行政法人 大牟田市立病院|研修医の部屋

地方独立行政法人 大牟田市立病院

HOMEHOMEイベント・研修会イベント・研修会各種統計各種統計院内広報誌「たからざか」院内広報誌「たからざか」地域医療連携地域医療連携施設・交通案内施設・交通案内

臨床研修について

大牟田市立病院について大牟田市立病院について外来のご案内外来のご案内入院のご案内入院のご案内診療科・各部門のご紹介診療科・各部門のご紹介職員募集情報職員募集情報

研修医の紹介

■研修医のご紹介

中山 紫季

矢田 慶子(研修医)

●熊本大学(平成29年卒)

中山 紫季

小田原 健一(研修医)

●長崎大学(平成31年卒)

中山 紫季

盛満 真人(研修医)

●久留米大学(平成31年卒)

<平成31年3月で研修を終えられた先生>

中山 紫季

関 正大(研修医)

●久留米大学(平成29年卒)

<平成30年3月で研修を終えられた先生>

中山 紫季

河野 隆(研修医)

●東海大学(平成28年卒)

中山 紫季

木村 綾(研修医)

●山口大学(平成28年卒)

■理事長:野口 和典(院長)

野口 和典【消化器、肝臓、臓器移植】
久留米大学(昭和53年卒)
日本消化器病学会専門医・指導医/日本肝臓病学会専門医・指導医
日本内科学会認定医・指導医/日本肝臓学会西部評議員/日本肝移植研究会世話人
久留米大学内科学臨床教授


「初期臨床研修を始める皆さんに」
 当院は、1985年に医師法第16条に基づく臨床研修病院として厚生大臣指定を受け、その後は、一貫して専門指導医~研修医の組み合わせで、実地臨床研修を行ってきました。現在も、当院医師の半数が、専門科指導医資格を有しています。現行の初期臨床研修制度に移行した後も、卒後初期研修のほか、専門科入局~卒後5年目程までの若い医師が大勢勤務しています。このため、異なる診療科間でも、全く垣根が無く、常に幅広い研修が行えるのが、当院の特徴と言えます。
 医師にとって「病院」で初期研修を行う目的の一つは、色々な職種のスタッフとチームを組んで、あるいは協同して医療を行うというトレーニングにあります。他職種の専門分野を理解し、どういう援助が求められるか、そして協同した医療行為には、互いのコミュニケーションが如何に重要か、学ぶことは数多くあります。プロは、プロによって、プロとして育てられるのが、最良の方法と言えます。
 二つ目の研修目的は、経験と判断力を積み上げていくことです。経験と学習に裏付けられた判断力こそ、医療現場の即戦力となるものです。しかし、慌てる必要はありません。特に最初の2年間は、専門医師になるための助走期間ととらえてください。基本的な分野で研鑽を積み、基礎固めを行うことこそ、長い医師生活を送っていく上で最も重要なことになります。そのためには、プライマリー疾患を多く経験すると同時に、単なる診断・治療ではなく、一つ一つの診療行為の持つ意味、すなわちリスクと効果を応用出来るようになることが重要です。
 市中の地域基幹研修病院には、基本的疾患の豊富な経験、良い指導医に巡り会うチャンス、プロとして育てられる厳しさ、そして何よりも研修医個人の向上心を持続させる教育的な包容力が備わっています。ぜひ、この体制を十分に活用して、初期の臨床研修先を選択ください。

■臨床研修管理委員会委員長:紫原 美和子(循環器内科部長)

紫原 美和子【プログラム責任者】
【循環器内科一般】
宮崎医科大学(平成4年卒)
日本循環器学会専門医/日本高血圧学会専門医・指導医
日本内科学会認定医・指導医/日本心臓病学会会員
日本心臓リハビリテーション学会会員



 平成16年に新医師臨床研修制度が発足して以来、当院では『プライマリー・ケアの基本的な診療能力(態度・技能・知識)を身に付ける』ことを基本理念とした研修プログラムを構築しております。
具体的には、
1. 医師として基本的・総合的な診療能力が身につくような研修プログラム

  • 基本科目である内科・外科研修に加えて、麻酔科、救急医療、産婦人科、小児科、精神科、地域医療を研修することによってプライマリー・ケアの基本的知識を学び経験することができます。

2. スキルアップ研修

  • より深い専門領域の研修でスキルアップしたい場合は、希望研修科を自由に選択でき、研修に専念できるような配慮を行います。

3. チーム医療

  • 他科医師とのコミニュケーションができるように医局は総合医局となっていますので、多くの医師からアドバイスを受けることができるような環境です。さらに、当院は医師以外の他職種とのコミニュケーションも充実しており他職種での研修(中央放射線部、中央検査部、薬剤部、栄養科など)も可能です。

4. 地域医療への参加

  • 1ヶ月間の地域医療研修の他、当院では病診連携や地域医療連携室による医療介護連携も積極的に行っていますので地域医療を担う医師としての充実感を実感できます。

5. 学会・研修会への参加

  • 当院では多くの院内研修会が開催されております。臨床病理カンファレンス(CPC)、臨床がんカンファレンス(CCC)の他、多くの臨床カンファレンスがあります。また、接遇や医療安全に関する研修会も開催されています。さらに、全国規模の学会や研究会での発表や参加を積極的に行っています。

当院では、より充実した初期臨床研修を受けることができるように全職員でサポートさせていただいています。医師として第一歩の研修病院として当院での臨床研修を大いに歓迎します。

■現在、勤務中の研修医

中山 紫季 【 大牟田市立病院での初期臨床研修 】
初期臨床研修医(平成31年)小田原 健一

大牟田市立病院で研修を始めて2ヶ月が過ぎました。非常に充実した生活です。最初の2週間ほどは同期の研修医だけでなく、同期のメディカルスタッフとともに院内研修を行いました。大学生活では学ばない他職種の業務や社会人としての基本を実践形式で学ばせていただきました。また、そこで知り合った同期の方々とも仲良くなることができ時々遊びに行ったり飲みに行ったりとプライベートも充実しています。
その後は、実際に様々な診療科での研修が始まりましたが、私は麻酔科から研修が始まりました。麻酔科は多くの手技がありますが初めは戸惑うことばかりでした。しかし、先生方に優しく指導していただき少しずつ成長できていると思います。たまに厳しい指導もありますが、手技などを達成できたときは褒めていただき、大変楽しく研修できていると思います。また先日、麻酔科学会の方にも参加させていただきすごくいい経験ができました。その他にもオペ室のスタッフの方とバレーなどのレクレーションがあったりと皆すごく仲がよく楽しい職場です。
木曜日は研修医が救急当番の日で1stタッチを研修医がします。まず何をやる、この患者さんには何の検査が必要、何科の先生にコンサルトさせていただくなどを基本的には研修医で考えます。救急科の伊藤先生の指導の下に研修を行っています。初めて対応する病態等では戸惑うこともありますが先輩の研修医をはじめとして上級医の先生に指導いただき非常に勉強になります。また、合間をみて検査部のスタッフの方々にエコーの取り方やグラム染色実習、輸血製剤についてなど学ばさせていただいております。FAST、心エコーなど研修医のうちに身につけておきたい手技も積極的に取り組んでいます。
 大牟田市立病院で研修して感じるのは非常に心温かい病院と感じます。先輩医師の方々だけでなく、様々な職種のスタッフの方々と交流があり働きやすい、研修しやすい環境です。当院の研修に少しでも興味があれば是非一度見学にいらしてください。

中山 紫季 【 大牟田市立病院での初期臨床研修 】
初期臨床研修医(平成31年)盛満 真人

大牟田市立病院は4月に2週間半ほどのオリエンテーションが行われます。研修医だけでなく他職種の方と行うので、とても良い交流の場ともなっています。実際に看護師等の仕事を経験することで、他の職業の大変さを実感できることが出来ます。研修医は2人ですが、他職種含めて同期は20人以上いるので仕事の場以外でもBBQをしたり食事に行ったり楽しく過ごすことが出来ています。
 現在は外科で研修させていただいてます。毎朝回診では、ガーゼの付け替えや動脈血採血、ポート穿刺など様々な手技が経験できます。また、手術でも基本的な糸結び、縫合など丁寧にご指導いただいています。先生方もたくさん気にかけてくださり、研修医に経験させて、その都度新しいことに関しては説明していただけるのでとてもやりやすい環境だと思います。最初は不慣れで失敗が多いですが、経験していくうちに少しずつではありますが自信をつけて取り組むことが出来ています。
 毎週木曜は研修医が救急車で搬送された患者さんを対応する日となっています。救急対応を週1回ずつ1年を通して経験できるのでいいプログラムと思います。また、月4回の副直があり上級医の先生と対応しています。救急系、内科系、外科系から選択できます。しばらくは救急系を選択していますが、軽症から重症まで様々な症例を経験することが出来ます。自分から動けることが一番理想だと思いますが、まだ現在はそのレベルには達していません。しかし、上級医の先生方も優しく教えてくださるので、早く的確な対応が出来るように努めているところです。
 毎週土曜日には研修医一人が症例を提示して、研修医と上級医の先生方とのカンファレンスが行われています。症例を通して、「実際どうすべきであったのか?」「自分ならこうしていた」など話し合い、今後の診療に活かすとてもいい機会です。カンファレンスが終わった後には、各診療部長の先生方が研修医のために講義をしてくださります。実際に活用できる内容が多いので、今後の研修に意識して習得できるようにしています。
 研修するに当たって、初期臨床研修医担当の紫原先生を初めとする先生、スタッフの方々がきめ細かな気遣いをしてくださいます。医局の雰囲気も良くとても過ごしやすい環境と思います。ぜひ、興味をお持ちの方々はレジナビや病院見学に足を運んでみてください。

中山 紫季 【 1年を振り返って 】
初期臨床研修医(平成30年)矢田 慶子

 早いもので、研修医として1年目が過ぎようとしています。
4月の新入職者オリエンテーションで多職種の方々と和気藹々と過ごしている最中にいきなり39℃の高熱を出し、さらに内服した消炎鎮痛剤で生まれて初めて全身の蕁麻疹と口唇腫脹が出現したことがつい昨日のことのように思われます。思えばこれは、研修を始めたことによる知恵熱のようなものだったのかもしれません。それ以後は、微熱は時折出るものの低空飛行ではありますが勤務を続けることができています。
肝心の研修ですが、私は将来、精神科志望ですが、精神科患者さんも併発症を有する症例は多いため研修医時代は多くの症例を経験したいと思っています。今は、指導医の先生方の診療を参考にして学ぶ時期と考え、大量にメモは取るのですが、まだまだそれが有機的に結びついている感覚がありません。最初は循環器内科を研修しましたが、その頃はまだ何もできずにただ途方に暮れて自信のないまま終わってしまいました。多くの手技ができるようになると自信がつくのではないかという、指導医の先生の温かい御配慮により、次は、麻酔科、外科を研修しました。麻酔科では採血、点滴などの基本的な手技からマスク換気、気管挿管などの気道・呼吸管理、輸液・輸血、血行動態管理、腰椎穿刺等も何とか出来るようになりました。外科では様々な手術の助手として立ち会う他、縫合やポート造設等も研修させていただきました。現在は、内科を研修していますが、上部消化管内視鏡検査を経験させていただいたり、内視鏡治療の介助等も行っています。このように指導医の先生方には丁寧に教えて頂いていますが、まだ残念ながら自信というほどのものはありません。しかし、研修が始まって以来、前月までは自分には到底不可能と思われたことに今月はチャレンジしている、という体験を繰り返しています。このようにチャレンジを繰り返しながら研修を続けています。
各診療科における研修の他に、院内で開催されるICLS講習会に2回参加し、緩和ケア講習会にも参加しました。これらの講習会は、内容が非常に濃いばかりではなく、多職種の方々も多く参加されており非常に刺激になりました。さらに、認知症に興味があるため認知症に関連した学会にも参加させていただきました。次は、是非、自分が発表できるように成長したいと思います。
4月から大牟田市内で始まった研修医生活ですが、大牟田での生活も楽しい時間です。7月に参加した大牟田の夏祭り「大蛇山」では、当院の職員の方々と一緒に法被を着て、炭坑節を踊り、夏祭りを満喫しました。
来年度は、地域医療研修ではより大牟田に密着した研修ができることも楽しみですし、より多くの診療科で研修を行い、さらに後輩を指導できる医師として成長できるよう頑張りたいと思います。

中山 紫季 【 大牟田市立病院での初期臨床研修 】
初期臨床研修医(平成29年)関 正大

 2年間の初期臨床研修も残すところ僅かとなりました。濃厚で充実した、あっという間の研修期間でした。
振り返れば大牟田市立病院に入職した2年前、当初は学生気分が抜けきれなかった私でしたが、研修開始早々に国家試験で勉強した事項と実臨床とのギャップの壁にぶつかり、己の無知さに挫折を味わいました。その後心を改め、周りの方々に支えられて今日まで真剣に医療と向き合ってまいりましたが、数々の貴重な学びの機会をいただいた中で、印象的だったことをいくつか紹介させていただきます。
先ずは、救急救命です。有難い事にベテランの先生にマンツーマンでご指導いただける環境にありましたので、「人に頼らず自分で考える」という、万事において大切な力を身に付けることができました。フォローも手厚くしていただき、メディカルラリーと呼ばれる、医師、看護師、救急救命士など救急医療に携わる者が救護の知識、技術を競う大会がありますが、その代表出場者にも抜擢していただきました。メディカルラリーでは他職種の仲間と力を合わせ、見事に準優勝を勝ち取ることができました。この事は私にとりまして、自信と更なる成長の意欲に繋がる大きな出来事となりました。
次に、地域医療研修です。在宅医療の現場と、指示を出す医師との間に、大きな隔てがあることが印象的でした。一般には患者様宅にはケアマネージャーや訪問看護師が訪問し、その報告を持って医師が投薬等療養の方向を決定するのですが、現実には現場スタッフと担当医師の連携が不十分である結果、一部では効果的な治療が行えていないなど、現場でしか分からない問題点を見つけることができました。在宅医療は国で推進され、今後ますますニーズが高まるとされておりますが、一方で専門医を取得する過程では在宅医療については殆ど勉強する機会がありませんので、非常に貴重な経験をさせていただいたと感じております。これは、基本理念として「良質で高度な医療を提供し、住民に愛される病院を目指します」とスローガンを掲げる大牟田市立病院だからこそできた経験だと存じております。
そして、何より強く記憶に残ったのは研修2年目の春、私事で恐縮ではございますが、第一子の誕生でした。妻の懐妊時に、研修担当の先生方、産婦人科の先生方から格別な配慮をいただき、出産に合わせて産婦人科の研修を設定していただきました。先生方や助産師のみなさんに懇切丁寧にご指導いただいたお陰で、妊婦健診はもちろん、我が子の出生時には、なんと私が取り上げることができました。妊娠の経過から出産、そして産後にかけて濃密に関わることができ、生命の誕生の奇跡と感動を非常に深く感じられた、何事にも代え難い素晴らしい体験になりました。
このように、この場では紹介し尽くせませんが、どの研修先においても熱く指導をいただいたおかげで、研修させていただいた全ての診療科にやり甲斐や興味深さを感じることができました。そのため、自分の進む道の選択には非常に悩みましたが、この度、耳鼻咽喉科に進むことを決定いたしました。この2年間、ご指導下さった方は、関係者だけでも何百名といらっしゃいます。その全ての皆様に感謝し、今後更に精進していく所存です。
最後になりましたが、公私にわたってあたたかくご指導ご鞭撻を賜った野口院長はじめ大牟田市立病院の皆様、関連病院・施設の皆様に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

■初期研修修了者

【大牟田市立病院での初期臨床研修を終えて】
初期臨床研修医(平成28年)河野 隆

河野_隆.jpg地元の地域医療に貢献したい。漠然とした目標を胸に、地元の大牟田市立病院の初期臨床研修プログラムに応募し、あっという間に2年間が過ぎました。大牟田は65歳以上が約36%を占める超高齢化の地域であり、患者様も様々な疾患を抱えています。例えば、肝炎の患者様でも、高齢で心不全や腎不全、糖尿病、肺炎、皮膚疾患などを併発していることが多く、治療に関して複数の科に相談する必要がありました。当院では総合医局であり、科の垣根がないため、先生方へも相談しやすくアドバイスを頂けました。また、リハビリや栄養指導、退院・転院調整などにも携わることができ、多職種の方々、地域の開業医の先生方とコミュニケーションを取りながら多くのことを学ぶことができました。
新専門医制度に関しては、丁度初年度に当たり不安もありましたが、EPOCの症例レポート作成の段階から、内科専門医の症例報告と同様の書式で指導頂くなど、指導医の先生には丁寧にご指導頂きました。
先生方、スタッフの皆様のご協力を賜りながら、無事初期研修を終了することができました。今後は、内科医として引き続き当院で診療に携わります。初期研修で学んだことを活かし、地域の医療に微力ながら還元できるよう、これからも研鑽を積んでいく所存です。

【大牟田市立病院での初期臨床研修を終えて】
初期臨床研修医(平成28年)木村 綾

南 真平あっというまに2年間の研修医生活が終了となりました。医局の先生方、病院の職員の皆様、家族の理解と協力がなければ、初期臨床研修を修了することはできなかったと思っており、感謝の気持ちでいっぱいです。2年前に生後6ヶ月の長男を院内保育所に預けて研修医生活をスタートしました。そして長男2歳5ヶ月、次男生後3ヶ月の2人の男児の母となって研修医生活を修了します。研修医としてまた母としても頑張りたいと思っていたので、大牟田市立病院での研修は、その両方をかなえられて大変充実した有意義な研修医生活でした。
研修を担当してくださった先生方、研修医の先生方、病院職員の皆様には、多々ご迷惑をおかけしましたが、あたたかい目で見守っていただき、本当にありがとうございました。大牟田市立病院の研修で学んだことを生かしてこれからは放射線科医師として頑張っていこうと思います。

■研修医のための朝のカンファランス

当院では毎週土曜日朝8:00より、研修医のための朝のカンファランスを行っています。
このカンファランスではプライマリケアを実践するために必要な臨床力をつけるために、研修医各自が経験した症例を提示し、他の研修医や指導医の指導や意見を聞きながらカンファランスをすすめていきます。たった一人で当直をしている時に、このような患者さんがやってきたらあなたならどうしますか、という想定です。
このカンファランスを通して、研修医は問診の取り方や理学的所見のポイント、検査所見をどのように読み取るか等を学んでいきます。約2時間のカンファランスの最後には疾病に関する知識のみでなくその患者さんが抱える社会的問題点や介護における課題など周辺知識まで議論し、一医師として患者さんや疾病にどのように向き合うのかという点にまで内容を昇華させることもしばしばあります。
大学からの研修医は一様に、ここまでしっかり診察したり考えたりしたことはなかった、あるいはしっかり教えてもらったことはなかった等の感想を残していく事からも、大きな組織ではなかなか実現できないきめ細かな指導が行われていると考えています。
本来であれば、以前卒後すぐに大学医局に入局していたときには当たり前に行われていた教育が、ここではまだ息づいています。それはこの病院が研修医を“回ってきている研修医”として見ているのではなく、“病院全体で育てていく大切な人材”ととらえているからなのだといえます。

■研修医フォトギャラリー p_new.png

内科EMR
【 朝カンファランス 】

内科EMRBLANK.jpg内科EMR
BLANK.jpg
内科EMRBLANK.jpg内科EMR
【 手術の様子 】

内科EMR
【 内科EMR 】

診察室の様子
【 診察室の様子 】

臨床研修のご案内

看護部のご紹介看護部のご紹介

臨床研修のご紹介臨床研修のご紹介

職員募集情報職員募集情報

奨学金貸付制度奨学金貸付制度

メディカルパティオメディカルパティオ

小児感染症発生動向小児感染症発生動向

インフォメーション

初診受付 [月~土]午前8時15分~午前11時

再来受付 [月~土]午前8時30分~午前11時

休 診 日 日曜日・祝日・振替休日