地方独立行政法人 大牟田市立病院|研修医の部屋

地方独立行政法人 大牟田市立病院|研修医の部屋

地方独立行政法人 大牟田市立病院

HOMEHOMEイベント・研修会イベント・研修会各種統計各種統計院内広報誌「たからざか」院内広報誌「たからざか」地域医療連携地域医療連携施設・交通案内施設・交通案内

臨床研修について

大牟田市立病院について大牟田市立病院について外来のご案内外来のご案内入院のご案内入院のご案内診療科・各部門のご紹介診療科・各部門のご紹介職員募集情報職員募集情報

研修医の部屋

■研修医のご紹介 p_new.png

5月1日より、米の山病院臨床研修医の寶珠山(ほうしゅやま)夏子先生が当院で研修いたします。
当院の研修医ともどもみなさま、どうぞよろしくお願いいたします

中山 紫季

寶珠山 夏子(研修医)

中山 紫季

河野 隆(研修医)

●東海大学(平成28年卒)

中山 紫季

木村 綾(研修医)

●山口大学(平成28年卒)

中山 紫季

関 正大(研修医)

●久留米大学(平成29年卒)

<平成29年3月で研修を終えられた先生>

中山 紫季

丸田 弦(研修医)

●久留米大学(平成27年卒)

中山 紫季

木村 翔一(研修医)

●山口大学(平成27年卒)

<平成28年3月で研修を終えられた先生>

中山 紫季

中山 紫季(研修医)

●東海大学(平成26年卒)

■理事長:野口 和典(院長・内科部長)

野口 和典【消化器、肝臓、臓器移植】
久留米大学(昭和53年卒)
日本消化器病学会専門医・指導医/日本肝臓病学会専門医・指導医
日本内科学会認定医・指導医/日本肝臓学会西部評議員/日本肝移植研究会世話人
久留米大学内科学臨床教授


「初期臨床研修を始める皆さんに」
 当院は、1985年に医師法第16条に基づく臨床研修病院として厚生大臣指定を受け、その後は、一貫して専門指導医~研修医の組み合わせで、実地臨床研修を行ってきました。現在も、当院医師の半数が、専門科指導医資格を有しています。現行の初期臨床研修制度に移行した後も、卒後初期研修のほか、専門科入局~卒後5年目程までの若い医師が大勢勤務しています。このため、異なる診療科間でも、全く垣根が無く、常に幅広い研修が行えるのが、当院の特徴と言えます。
 医師にとって「病院」で初期研修を行う目的の一つは、色々な職種のスタッフとチームを組んで、あるいは協同して医療を行うというトレーニングにあります。他職種の専門分野を理解し、どういう援助が求められるか、そして協同した医療行為には、互いのコミュニケーションが如何に重要か、学ぶことは数多くあります。プロは、プロによって、プロとして育てられるのが、最良の方法と言えます。
 二つ目の研修目的は、経験と判断力を積み上げていくことです。経験と学習に裏付けられた判断力こそ、医療現場の即戦力となるものです。しかし、慌てる必要はありません。特に最初の2年間は、専門医師になるための助走期間ととらえてください。基本的な分野で研鑽を積み、基礎固めを行うことこそ、長い医師生活を送っていく上で最も重要なことになります。そのためには、プライマリー疾患を多く経験すると同時に、単なる診断・治療ではなく、一つ一つの診療行為の持つ意味、すなわちリスクと効果を応用出来るようになることが重要です。
 市中の地域基幹研修病院には、基本的疾患の豊富な経験、良い指導医に巡り会うチャンス、プロとして育てられる厳しさ、そして何よりも研修医個人の向上心を持続させる教育的な包容力が備わっています。ぜひ、この体制を十分に活用して、初期の臨床研修先を選択ください。

■臨床研修管理委員会委員長:紫原 美和子(循環器内科部長)

紫原 美和子【プログラム責任者】
【循環器内科一般】
宮崎医科大学(平成4年卒)
日本循環器学会専門医/日本高血圧学会専門医・指導医
日本内科学会認定医・指導医/日本心臓病学会会員
日本心臓リハビリテーション学会会員



 平成16年に新医師臨床研修制度が発足して以来、当院では『プライマリー・ケアの基本的な診療能力(態度・技能・知識)を身に付ける』ことを基本理念とした研修プログラムを構築しております。
具体的には、
1. 医師として基本的・総合的な診療能力が身につくような研修プログラム

  • 基本科目である内科・外科研修に加えて、麻酔科、救急医療、産婦人科、小児科、精神科、地域医療を研修することによってプライマリー・ケアの基本的知識を学び経験することができます。

2. スキルアップ研修

  • より深い専門領域の研修でスキルアップしたい場合は、希望研修科を自由に選択でき、研修に専念できるような配慮を行います。

3. チーム医療

  • 他科医師とのコミニュケーションができるように医局は総合医局となっていますので、多くの医師からアドバイスを受けることができるような環境です。さらに、当院は医師以外の他職種とのコミニュケーションも充実しており他職種での研修(中央放射線部、中央検査部、薬剤部、栄養科など)も可能です。

4. 地域医療への参加

  • 1ヶ月間の地域医療研修の他、当院では病診連携や地域医療連携室による医療介護連携も積極的に行っていますので地域医療を担う医師としての充実感を実感できます。

5. 学会・研修会への参加

  • 当院では多くの院内研修会が開催されております。臨床病理カンファレンス(CPC)、臨床がんカンファレンス(CCC)の他、多くの臨床カンファレンスがあります。また、接遇や医療安全に関する研修会も開催されています。さらに、全国規模の学会や研究会での発表や参加を積極的に行っています。

当院では、より充実した初期臨床研修を受けることができるように全職員でサポートさせていただいています。医師として第一歩の研修病院として当院での臨床研修を大いに歓迎します。

■形成外科部長:春日 麗

春日 麗【プログラム責任者】
【形成外科一般】
久留米大学(平成4年卒)
日本形成外科学会認定医/日本麻酔科学会標榜医/日本褥瘡学会会員
日本静脈経腸栄養学会会員/日本熱傷学会会員
日本フットケア学会会員/日本下肢救済・足病学会会員/日本頭蓋顎顔面外科学会会員
FSI認定フスフレーガー/褥瘡認定治療師


 当院は、九州は福岡県の最南端の市・大牟田市にある300床の急性期病院です。私たち研修指導医は毎年数名の研修医をお迎えし、共に切磋琢磨しながら一緒に学んでいます。
 これまでに多くの研修医が当院で初期研修を終え、そのまま後期研修を続ける研修医や、大学医局に入局し、専門性を高めていく研修医を送り出してきました。入職したての時には、何となく白衣もぎこちなく頼りない新人医師の研修医達が、2年間の研修を終える頃にはしっかりした頼りがいのある一人の医師に成長しているのを見るのは、本当にうれしく誇らしい気持ちになります。
当院は医師に限らず看護師やコ・メディカル、事務部門の新人達全員を、職員全員で育成して行く方針です。病院自体がまるで一つの家族のように、子どもの成長を見守っていくのをイメージして頂ければ宜しいでしょう。
 具体的には病院は全体的に和気あいあいとした雰囲気で、医師も看護師も他のコ・メディカルも皆が職域を超えて協力し、楽しく仕事をしています。各診療科の医師も大変フレンドリーで協力的であり、わからないことやちょっと教えてほしい時など、気軽に相談を持ちかける雰囲気が伝統的に根付いている病院です。研修医を病院全体で育成していこうという雰囲気の中、求められるプライマリーケアの力を十分につけることができる臨床経験をすることができるのも、当院の特徴です。初期研修に必要な”体を使って”学ぶ実施が多いことも特色であり、研修医達は気管内挿管や中心静脈確保,縫合などを連日指導医よりそのスキルを伝授されています。
 周囲に山があり、有明海があり、長崎にも熊本にも福岡にも佐賀にも近いという地理条件の中、暖かい人々の中でしっかりとした臨床力をつけたいと思う研修医の皆さんにはぴったりの病院です。どうぞ一度病院見学に足を運んで見てください。大歓迎いたします。

■現在、勤務中の研修医

中山 紫季 【 大牟田市立病院での初期臨床研修】
初期臨床研修医(平成28年)木村 綾

 学生の皆さんは授業や臨床実習、国家試験の勉強など忙しい日々を過ごしながら、将来の進路に悩んでいる時期ではないでしょうか。
私が大牟田市立病院を研修先に選んだ理由も含めて皆さんの参考になれば幸いです。
私は大学6年生のときに第1子を出産しました、現在は生後6ヶ月の子供を院内保育所さくらキッズに預けて臨床研修に臨んでいます。子育てしながら2年間の臨床研修もきちんとやっていきたいと思っていた私にとって自分のペースで研修を進めることができる大牟田市立病院の初期研修医に決まったときは大変嬉しかったです。私のような立場の人間でも研修に臨めるのは大牟田市立病院の皆様の理解と協力があってのことで日々感謝しています。
4月上旬保育所に入ったばかりの息子が気管支炎と中耳炎を併発して入院することになってしまいました。その際はまわりの方々にご迷惑をかけつつ、お休みをいただき子供の面倒を見る時間をいただくことができました。また保育所への夕方お迎えの時間や昼間に授乳にいくなど無理のないようにと様々な点で配慮していただいています。
初期研修は医師としての実力をつける大切な2年間、3年目になり専門科を選択すると専門科以外を学ぶ機会は極端に減ってしまいます。しかしその一方で3年目は外科内科という枠の当直業務で専門外の疾患を1人で対応しなければならないのです。初期研修2年間で養った経験は今後の医師人生様々なところで役立ってくると思っており、できるだけ多くのことを学びたいという気持ちを私のような子育て研修医でも持っています。月4回以上の当直業務は都合を考えて日程を自分で決めることができ、体調など無理なくできるため当直業務で勉強することを楽しみとすることができています。
現在は消化器内科を中心とした内科疾患を学んでいますが、指導医の先生をはじめ、どの先生も患者さんのことを考えて治療されていますし、研修医に対して丁寧に熱心に指導してくださいます。処方の仕方、カルテの書き方、疾患に対する考え方、検査のやり方、患者さんへの対応などマンツーマンで指導していただくため大変勉強になります。また診療科の垣根がないため他科の先生ともすぐに仲良くなることができ、内科以外の疾患の勉強もできます。コ・メディカルの方々も親切に教えてくださいます。
ばりばり研修したい方、自分のペースで研修したい方、大牟田市立病院は1人1人の希望に添った研修ができる病院です。ぜひ大牟田市立病院で一緒に臨床研修をしてみませんか?

中山 紫季 【 大牟田市立病院での初期臨床研修】
初期臨床研修医(平成28年)河野 隆

 私は16年間半導体製造に携わった後、再受験して医学を学びました。以前より地域医療に関心がありましたが、大牟田市の隣のみやま市出身ということもあり、第2の人生を地元に還元できるよい機会と思い、有明地区の基幹病院である大牟田市立病院の研修プログラムに応募しました。
 研修は外科からスタートし、約1ヶ月が経ちました。手技の面ではまだ不安だらけですが、毎日の回診では患者様の診察、包交をし、オペでは指導医、上級医の先生方から指導を受けながら助手としての仕事、作法を学ぶ中、少しずつですが進歩していることを実感しています。オペに参加する機会は多く、短いオペであれば1日で2、3回入ることもあります。また、外科では術後管理が重要です。患者様の状態を日々確認し、症状に応じて、薬の処方、検査オーダー、食事の指示、他科へのコンサルテーションなどを行います。勿論、オーダーの詳細について分からないこともありますが、幸い当院は部署間、医局内での敷居が低いので、スタッフ、コメディカルの方々に相談すると優しく教えていただけます。
 他に、月4回の当直があります。特に救急当直で学ぶことが多いです。初期対応として、身体診察から、静脈・動脈採血、ルート確保、輸液、各種検査のオーダーなどを上級医の指導の下で実際に取り組むことができます。短時間で優先度を考慮し、必要な検査、処置を行う過程を学べるので、貴重な体験と言えます。
また、大牟田市は高齢化が進んでおり、治療後の帰宅や転院に際して、介護支援が必要なケースも多々あります。患者様のご家族と協議し、介護申請の勧奨、かかりつけ医への紹介、地域医療連携室への相談などを通じて、これからの高齢化社会で医療の立場で何が必要かを考えるには適した環境かもしれません。
私自身、研修が始まって間もないですが、風通しの良い雰囲気の中で伸び伸びと学ばせて頂いております。研修プログラムは比較的自由度が高いので、自分が学びたい手技、取り組みたいテーマなどあれば、スキルアップのチャンスは幾らでもあります。
地域医療に取り組みたい、実践的な研修をやりたい、大牟田市って住みやすそうなど少しでも興味がありましたら、是非一度見学してみませんか?

■初期研修医修了者

【大牟田市立病院での初期臨床研修を終えて】 p_new.png
初期臨床研修医(平成27年)木村 翔一

木村医師研修終了.jpg遂に初期臨床研修が終わりました。今後は研修医ではなく、未熟ではありますが泌尿器科という専門を有する医師となります。
振り返ると大牟田市立病院、三池病院、大牟田保養院で過ごした2年間はあっという間でした。医学部を卒業し、右も左も分からず、今後の医師としての礎を築く大切な時期に当院で過ごした経験はとても有意義でした。多くの失敗を各専門の先生方に助けていただき、また指導してもらいながら貴重な成功体験を得たり、患者さんやスタッフとのコミュニケーションを上手に取る方法や、仕事への真摯な姿勢を学ぶことができました。
先輩・同期・後輩の研修医にも恵まれました。大牟田市立病院は研修医の定員は2名と少なかったですが、気軽にディスカッションしたり、困ったときには相談し合ったりと良い雰囲気の空間を作っていました。
多職種スタッフにも恵まれ、特に初めの頃は簡単な手技や物の場所、患者さんとの信頼関係の作り方を教えていただきました。自分の指示ミスで迷惑も沢山かけたと思います。それでも嫌な顔せずに丁寧に教育していただきました。
今後は引き続き、大牟田市立病院で泌尿器科医として働いて、今までお世話になった方々へ様々な形でお返しできるように精進して行きたいと思います。

【大牟田市立病院での初期臨床研修を終えて】 p_new.png
初期臨床研修医(平成27年)丸田 弦

南 真平右も左も分からず研修を開始した2年前が懐かしく思い出されます。最初に院内PHSが鳴ったとき、ド緊張で相当焦って対応する姿を上司の先生に笑われたのを今でも覚えています。まだまだ未熟な所も多々ありますが、2年前と比べればだいぶ成長できたのかなと思います。それもひとえに各診療科の先生方のご指導あってのことだと思います。麻酔科志望ということもあり、半年間を麻酔科での研修にあてさせて頂きましたが、研修を通して徐々に出来なかったことが出来るようになる充実感があり、有意義な時間を過ごさせて頂きました。これからは麻酔科医として新たなスタートを切りますが、この2年間で教えて頂いたことを糧に、先生方のように活躍出来るよう精進していこうと思います。
2年間の研修を終えて思うことは、大牟田市立病院はとても働きやすい環境だったことです。各診療科の先生方はフレンドリーに声をかけて下さり、飲み会にもたくさん誘って頂きました。また、優秀な研修医の同期にも恵まれ、医学のことから将来のキャリアプラン、子育てのことまで多くのことを相談させてもらいました。(お酒を交えながら。)後輩の2人には先輩として特に教えられることもなかったように思いますが、逆に人生の先輩として教わることが多く、とても刺激になりました。いろんな方々に支えられながら、とても濃密な2年間を過ごさせて頂きました。本当にありがとうございました。

■研修医のための朝のカンファランス

当院では毎週土曜日朝8:00より、研修医のための朝のカンファランスを行っています。
このカンファランスではプライマリケアを実践するために必要な臨床力をつけるために、研修医各自が経験した症例を提示し、他の研修医や指導医の指導や意見を聞きながらカンファランスをすすめていきます。たった一人で当直をしている時に、このような患者さんがやってきたらあなたならどうしますか、という想定です。
このカンファランスを通して、研修医は問診の取り方や理学的所見のポイント、検査所見をどのように読み取るか等を学んでいきます。約2時間のカンファランスの最後には疾病に関する知識のみでなくその患者さんが抱える社会的問題点や介護における課題など周辺知識まで議論し、一医師として患者さんや疾病にどのように向き合うのかという点にまで内容を昇華させることもしばしばあります。
大学からの研修医は一様に、ここまでしっかり診察したり考えたりしたことはなかった、あるいはしっかり教えてもらったことはなかった等の感想を残していく事からも、大きな組織ではなかなか実現できないきめ細かな指導が行われていると考えています。
本来であれば、以前卒後すぐに大学医局に入局していたときには当たり前に行われていた教育が、ここではまだ息づいています。それはこの病院が研修医を“回ってきている研修医”として見ているのではなく、“病院全体で育てていく大切な人材”ととらえているからなのだといえます。

■研修医フォトギャラリー

内科EMR
【 内科EMR 】

診察室の様子
【 診察室の様子 】

エコー検査
【 エコー検査 】

内視鏡検査
【 内視鏡検査 】

経肛門デニス
【 経肛門デニス 】

臨床研修のご案内

看護部のご紹介看護部のご紹介

臨床研修のご紹介臨床研修のご紹介

職員募集情報職員募集情報

奨学金貸付制度奨学金貸付制度

メディカルパティオメディカルパティオ

小児感染症発生動向小児感染症発生動向

インフォメーション

初診受付 [月~土]午前8時15分~午前11時

再来受付 [月~土]午前8時30分~午前11時

休 診 日 日曜日・祝日・振替休日