地方独立行政法人 大牟田市立病院|研修医の紹介

地方独立行政法人 大牟田市立病院|研修医の部屋

地方独立行政法人 大牟田市立病院

HOMEHOMEイベント・研修会イベント・研修会各種統計各種統計院内広報誌「たからざか」院内広報誌「たからざか」地域医療連携地域医療連携施設・交通案内施設・交通案内

臨床研修について

大牟田市立病院について大牟田市立病院について外来のご案内外来のご案内入院のご案内入院のご案内診療科・各部門のご紹介診療科・各部門のご紹介職員募集情報職員募集情報

研修医の紹介

■研修医のご紹介

中山 紫季

関 正大(研修医)

●久留米大学(平成29年卒)

中山 紫季

矢田 慶子(研修医)

●熊本大学(平成29年卒)

<平成30年3月で研修を終えられた先生>

中山 紫季

河野 隆(研修医)

●東海大学(平成28年卒)

中山 紫季

木村 綾(研修医)

●山口大学(平成28年卒)

<平成29年3月で研修を終えられた先生>

中山 紫季

丸田 弦(研修医)

●久留米大学(平成27年卒)

中山 紫季

木村 翔一(研修医)

●山口大学(平成27年卒)

■理事長:野口 和典(院長)

野口 和典【消化器、肝臓、臓器移植】
久留米大学(昭和53年卒)
日本消化器病学会専門医・指導医/日本肝臓病学会専門医・指導医
日本内科学会認定医・指導医/日本肝臓学会西部評議員/日本肝移植研究会世話人
久留米大学内科学臨床教授


「初期臨床研修を始める皆さんに」
 当院は、1985年に医師法第16条に基づく臨床研修病院として厚生大臣指定を受け、その後は、一貫して専門指導医~研修医の組み合わせで、実地臨床研修を行ってきました。現在も、当院医師の半数が、専門科指導医資格を有しています。現行の初期臨床研修制度に移行した後も、卒後初期研修のほか、専門科入局~卒後5年目程までの若い医師が大勢勤務しています。このため、異なる診療科間でも、全く垣根が無く、常に幅広い研修が行えるのが、当院の特徴と言えます。
 医師にとって「病院」で初期研修を行う目的の一つは、色々な職種のスタッフとチームを組んで、あるいは協同して医療を行うというトレーニングにあります。他職種の専門分野を理解し、どういう援助が求められるか、そして協同した医療行為には、互いのコミュニケーションが如何に重要か、学ぶことは数多くあります。プロは、プロによって、プロとして育てられるのが、最良の方法と言えます。
 二つ目の研修目的は、経験と判断力を積み上げていくことです。経験と学習に裏付けられた判断力こそ、医療現場の即戦力となるものです。しかし、慌てる必要はありません。特に最初の2年間は、専門医師になるための助走期間ととらえてください。基本的な分野で研鑽を積み、基礎固めを行うことこそ、長い医師生活を送っていく上で最も重要なことになります。そのためには、プライマリー疾患を多く経験すると同時に、単なる診断・治療ではなく、一つ一つの診療行為の持つ意味、すなわちリスクと効果を応用出来るようになることが重要です。
 市中の地域基幹研修病院には、基本的疾患の豊富な経験、良い指導医に巡り会うチャンス、プロとして育てられる厳しさ、そして何よりも研修医個人の向上心を持続させる教育的な包容力が備わっています。ぜひ、この体制を十分に活用して、初期の臨床研修先を選択ください。

■臨床研修管理委員会委員長:紫原 美和子(循環器内科部長)

紫原 美和子【プログラム責任者】
【循環器内科一般】
宮崎医科大学(平成4年卒)
日本循環器学会専門医/日本高血圧学会専門医・指導医
日本内科学会認定医・指導医/日本心臓病学会会員
日本心臓リハビリテーション学会会員



 平成16年に新医師臨床研修制度が発足して以来、当院では『プライマリー・ケアの基本的な診療能力(態度・技能・知識)を身に付ける』ことを基本理念とした研修プログラムを構築しております。
具体的には、
1. 医師として基本的・総合的な診療能力が身につくような研修プログラム

  • 基本科目である内科・外科研修に加えて、麻酔科、救急医療、産婦人科、小児科、精神科、地域医療を研修することによってプライマリー・ケアの基本的知識を学び経験することができます。

2. スキルアップ研修

  • より深い専門領域の研修でスキルアップしたい場合は、希望研修科を自由に選択でき、研修に専念できるような配慮を行います。

3. チーム医療

  • 他科医師とのコミニュケーションができるように医局は総合医局となっていますので、多くの医師からアドバイスを受けることができるような環境です。さらに、当院は医師以外の他職種とのコミニュケーションも充実しており他職種での研修(中央放射線部、中央検査部、薬剤部、栄養科など)も可能です。

4. 地域医療への参加

  • 1ヶ月間の地域医療研修の他、当院では病診連携や地域医療連携室による医療介護連携も積極的に行っていますので地域医療を担う医師としての充実感を実感できます。

5. 学会・研修会への参加

  • 当院では多くの院内研修会が開催されております。臨床病理カンファレンス(CPC)、臨床がんカンファレンス(CCC)の他、多くの臨床カンファレンスがあります。また、接遇や医療安全に関する研修会も開催されています。さらに、全国規模の学会や研究会での発表や参加を積極的に行っています。

当院では、より充実した初期臨床研修を受けることができるように全職員でサポートさせていただいています。医師として第一歩の研修病院として当院での臨床研修を大いに歓迎します。

■形成外科部長:春日 麗

春日 麗【プログラム責任者】
【形成外科一般】
久留米大学(平成4年卒)
日本形成外科学会認定医/日本麻酔科学会標榜医/日本褥瘡学会会員
日本静脈経腸栄養学会会員/日本熱傷学会会員
日本フットケア学会会員/日本下肢救済・足病学会会員/日本頭蓋顎顔面外科学会会員
FSI認定フスフレーガー/褥瘡認定治療師


 当院は、九州は福岡県の最南端の市・大牟田市にある300床の急性期病院です。私たち研修指導医は毎年数名の研修医をお迎えし、共に切磋琢磨しながら一緒に学んでいます。
 これまでに多くの研修医が当院で初期研修を終え、そのまま後期研修を続ける研修医や、大学医局に入局し、専門性を高めていく研修医を送り出してきました。入職したての時には、何となく白衣もぎこちなく頼りない新人医師の研修医達が、2年間の研修を終える頃にはしっかりした頼りがいのある一人の医師に成長しているのを見るのは、本当にうれしく誇らしい気持ちになります。
当院は医師に限らず看護師やコ・メディカル、事務部門の新人達全員を、職員全員で育成して行く方針です。病院自体がまるで一つの家族のように、子どもの成長を見守っていくのをイメージして頂ければ宜しいでしょう。
 具体的には病院は全体的に和気あいあいとした雰囲気で、医師も看護師も他のコ・メディカルも皆が職域を超えて協力し、楽しく仕事をしています。各診療科の医師も大変フレンドリーで協力的であり、わからないことやちょっと教えてほしい時など、気軽に相談を持ちかける雰囲気が伝統的に根付いている病院です。研修医を病院全体で育成していこうという雰囲気の中、求められるプライマリーケアの力を十分につけることができる臨床経験をすることができるのも、当院の特徴です。初期研修に必要な”体を使って”学ぶ実施が多いことも特色であり、研修医達は気管内挿管や中心静脈確保,縫合などを連日指導医よりそのスキルを伝授されています。
 周囲に山があり、有明海があり、長崎にも熊本にも福岡にも佐賀にも近いという地理条件の中、暖かい人々の中でしっかりとした臨床力をつけたいと思う研修医の皆さんにはぴったりの病院です。どうぞ一度病院見学に足を運んで見てください。大歓迎いたします。

■現在、勤務中の研修医 p_new.png

中山 紫季 【 大牟田市立病院での初期臨床研修】
初期臨床研修医(平成30年)矢田 慶子

 私の出身地は和歌山県、大学進学で九州にきたものの、研修病院を探す時期になるまで大牟田市とは特に関わりなく過ごしてきました。そんな私が、大牟田市立病院でお世話になっているのは我ながらとても不思議な気持ちがします。大牟田市立病院はきれいで大きく、方向感覚がない私はいまだに迷うことがあります。
 大牟田市立病院ではまず4月に他職種の新入職の方々と一緒に2週間のオリエンテーションを受け、そこから各診療科での研修が始まります。毎週木曜日は救急科研修の日となっており、原則、どの診療科で研修を行っていても日中は、救急車で搬送になった患者さんの対応を行います。他には、月4回の副直があり、内科、外科、救急から選択して副直に入ります。どのような患者さんが来院されるのか毎回緊張している状態で、先生方からいろいろ教えていただいてもまだまだ身体も頭も動いていない状態です。しかし、先生方はそんな私にとても優しくしてくださるのが救いです。私なりに少しずつ慣れていければと思っています。私は今はまだ何もできない状態ではありますが、この大牟田市立病院では多くの症例を経験することができ、様々な手技を習得できる機会があることだけは間違いないです。
 研修医の募集人数は2名ですが、その分研修医一人一人のことを先生方は本当に気にかけてくださっています。医局は、総合医局ですのでまだ研修していない診療科の先生方もよく声をかけてくださいます。研修体制としては、私が現在研修中の循環器内科の紫原先生が初期臨床研修医担当の先生でもいらっしゃるのですが、研修を進めるにあたって非常にきめ細やかにフォローしてくださることに深く感謝しています。例えば、手技習得のために各診療科やコ・メディカルと調整を行っていただいたり、研修医の疑問や不安に即座に対応していただいております。
 大牟田市立病院に興味をお持ちの方がおられましたら、ぜひ一度見学にお越しください。お待ちしております。

中山 紫季 【 大牟田市立病院での成長の一年】
初期臨床研修医(平成29年)関 正大

 医師としての最初の1年が終わろうとしています。感謝すべきことに、研修先の大牟田市立病院ではとても充実した研修医生活を送ることが出来ています。この1年間で最も実感出来るのは、学生のときに出来なかったことが出来る様になったということです。これは、複数の科で経験を積ませて頂くなかで気づきましたが、ひとえに大牟田市立病院の先生方が研修医の私に何でもやらせてくれているお陰です。
 私がこの1年間に各科で学んだことをいくつか紹介させていただきます。まず外科では、様々な手術に立ち会いました。手術のサポートの仕方はもちろんのこと、手術の度にたくさんの先生方に教えていただき、様々な閉創技術を実際に自分で施行して習得できました。多い日は1日3例ほどの手術に入り、その全てで閉創をすることもありました。救急対応においては、担当の先生にマンツーマンで指導していただけたお陰で、ウォークインから救急車まで幅広く、対応が出来るようになりました。救急をしていると、心肺停止で搬送されてきた方や搬送されてきた時点では助かる見込みがない方もいて少なからずショックを受けることももちろんあります。しかしながら、1年前は何をしたらいいのか分からず、指示されるまで動けずにいた私が、今では自分で考え初期対応が出来るようになるまでになり、成長を実感する喜びを感じる場面もたくさんあるのが救急です。麻酔科では全身管理の大変さや大切を学びました。導入はもちろん、バイタルを見ながら調整したり、気管挿管や脊髄くも膜下麻酔まで経験させて頂けました。消化器内科では主に上部食道内視鏡検査の技術や腹部エコーの手法の習得、ESDやERCP等の介助方法など、実際にさせていただけることが多く、一日一日が新鮮でした。このようにご紹介し尽くせないくらい充実した日々を送らせて頂いていますが、学生の時に出来なかったことがより出来るようになった反面、社会人として、また一医師としての責任の重さを感じるようになりました。私が医師になりたいと思ったのは、幼いころから医師が人の病気を治す姿を見て憧れたからですが、実際に医療の現場に入ってみて、とてもそんな生易しいものではないと分かりました。研修医でありながら、既に医師として他職種の方から指示を求められる場面が多々ありますが、今の私には指示を出すということはとても難しいことです。たとえ自身の中に考えがあったとしても、自分の下す判断が正しいかどうか自信を持つことができません。また、患者さんへの病気のことに関する説明をすることも難しいことの一つです。相手の精神的負担を出来るだけ減らしたり、より病気について理解してもらったりする為の言葉選びには、繊細な気遣いが必要な場面が多くあります。コミュニケーション能力もそうですが、医師としての経験や知識等の力不足をひしひしと感じます。そんな私ですが、有り難いことに研修先の大牟田市立病院の先生方はいつでも、『何かあれば相談してね』と声を掛けて下さい
ます。研修担当の先生や研修先の科の先生のみならず、どの先生でも私が相談をしたり質問をした際には必ず快く受け入れて下さいます。このサポート体制は大牟田市立病院の総合医局だからこそのものです。この環境に置かれていることを感謝し、甘んじることなく真摯に、今後も医師としての学びを更に深めていく所存です。

■初期研修修了者

【大牟田市立病院での初期臨床研修を終えて】 p_new.png
初期臨床研修医(平成28年)河野 隆

河野_隆.jpg地元の地域医療に貢献したい。漠然とした目標を胸に、地元の大牟田市立病院の初期臨床研修プログラムに応募し、あっという間に2年間が過ぎました。大牟田は65歳以上が約36%を占める超高齢化の地域であり、患者様も様々な疾患を抱えています。例えば、肝炎の患者様でも、高齢で心不全や腎不全、糖尿病、肺炎、皮膚疾患などを併発していることが多く、治療に関して複数の科に相談する必要がありました。当院では総合医局であり、科の垣根がないため、先生方へも相談しやすくアドバイスを頂けました。また、リハビリや栄養指導、退院・転院調整などにも携わることができ、多職種の方々、地域の開業医の先生方とコミュニケーションを取りながら多くのことを学ぶことができました。
新専門医制度に関しては、丁度初年度に当たり不安もありましたが、EPOCの症例レポート作成の段階から、内科専門医の症例報告と同様の書式で指導頂くなど、指導医の先生には丁寧にご指導頂きました。
先生方、スタッフの皆様のご協力を賜りながら、無事初期研修を終了することができました。今後は、内科医として引き続き当院で診療に携わります。初期研修で学んだことを活かし、地域の医療に微力ながら還元できるよう、これからも研鑽を積んでいく所存です。

【大牟田市立病院での初期臨床研修を終えて】
初期臨床研修医(平成28年)木村 綾

南 真平あっというまに2年間の研修医生活が終了となりました。医局の先生方、病院の職員の皆様、家族の理解と協力がなければ、初期臨床研修を修了することはできなかったと思っており、感謝の気持ちでいっぱいです。2年前に生後6ヶ月の長男を院内保育所に預けて研修医生活をスタートしました。そして長男2歳5ヶ月、次男生後3ヶ月の2人の男児の母となって研修医生活を修了します。研修医としてまた母としても頑張りたいと思っていたので、大牟田市立病院での研修は、その両方をかなえられて大変充実した有意義な研修医生活でした。
研修を担当してくださった先生方、研修医の先生方、病院職員の皆様には、多々ご迷惑をおかけしましたが、あたたかい目で見守っていただき、本当にありがとうございました。大牟田市立病院の研修で学んだことを生かしてこれからは放射線科医師として頑張っていこうと思います。

■研修医のための朝のカンファランス

当院では毎週土曜日朝8:00より、研修医のための朝のカンファランスを行っています。
このカンファランスではプライマリケアを実践するために必要な臨床力をつけるために、研修医各自が経験した症例を提示し、他の研修医や指導医の指導や意見を聞きながらカンファランスをすすめていきます。たった一人で当直をしている時に、このような患者さんがやってきたらあなたならどうしますか、という想定です。
このカンファランスを通して、研修医は問診の取り方や理学的所見のポイント、検査所見をどのように読み取るか等を学んでいきます。約2時間のカンファランスの最後には疾病に関する知識のみでなくその患者さんが抱える社会的問題点や介護における課題など周辺知識まで議論し、一医師として患者さんや疾病にどのように向き合うのかという点にまで内容を昇華させることもしばしばあります。
大学からの研修医は一様に、ここまでしっかり診察したり考えたりしたことはなかった、あるいはしっかり教えてもらったことはなかった等の感想を残していく事からも、大きな組織ではなかなか実現できないきめ細かな指導が行われていると考えています。
本来であれば、以前卒後すぐに大学医局に入局していたときには当たり前に行われていた教育が、ここではまだ息づいています。それはこの病院が研修医を“回ってきている研修医”として見ているのではなく、“病院全体で育てていく大切な人材”ととらえているからなのだといえます。

■研修医フォトギャラリー p_new.png

内科EMR
【 朝カンファランス 】

内科EMRBLANK.jpg内科EMR
BLANK.jpg
内科EMRBLANK.jpg内科EMR
【 手術の様子 】

内科EMR
【 内科EMR 】

診察室の様子
【 診察室の様子 】

臨床研修のご案内

看護部のご紹介看護部のご紹介

臨床研修のご紹介臨床研修のご紹介

職員募集情報職員募集情報

奨学金貸付制度奨学金貸付制度

メディカルパティオメディカルパティオ

小児感染症発生動向小児感染症発生動向

インフォメーション

初診受付 [月~土]午前8時15分~午前11時

再来受付 [月~土]午前8時30分~午前11時

休 診 日 日曜日・祝日・振替休日