地方独立行政法人 大牟田市立病院|研修医活動報告

地方独立行政法人 大牟田市立病院|研修医の部屋

地方独立行政法人 大牟田市立病院

HOMEHOMEイベント・研修会イベント・研修会各種統計各種統計院内広報誌「たからざか」院内広報誌「たからざか」地域医療連携地域医療連携施設・交通案内施設・交通案内

臨床研修について

大牟田市立病院について大牟田市立病院について外来のご案内外来のご案内入院のご案内入院のご案内診療科・各部門のご紹介診療科・各部門のご紹介職員募集情報職員募集情報

研修医活動報告

  • 当院研修医による活動報告を掲載いたします。

中山 紫季初期臨床研修医(平成27年) 木村 翔一
【 「第78回 日本臨床外科学会 総会」で発表しました 】 p_new.png
2016年11月24日~26日に開催された「第78回 日本臨床外科学会 総会」の研修医セッションで「子宮筋腫原発と考えられる良性転移性平滑筋種の一例」の演題で発表させていただきました。今回は総会とのことで外科で一番大きな学会で発表させていただく上に、このセッションでは優秀賞なども設けてあったので、しっかりと準備して東京の品川での発表に臨みました。
結果、優秀賞受賞は叶いませんでしたが今後のモチベーションアップになりました。この機会に自身の発表方法やスライドについてもう一度学び直していこうと思います。
今回はこのような機会をいただき、誠にありがとうございました。

【第4回有明地区合同研修医カンファレンスが開催されました。】
 10月29日(土)に第4回有明地区合同研修医カンファレンスが開催されました。これは当院および米の山病院、荒尾市民病院、公立玉名中央病院の4病院合同で開催されている初期臨床研修医の症例検討会です。初期臨床研修医13名、上級医7名が参加し、当院からも1年次研修医 木村綾先生が症例発表を行い優秀賞を授与されました。研修医の先生方の発表は、年々レベルアップしており、研修医の先生方にはかなり勉強になったと思います。
症例発表の後、公立玉名中央病院 田宮貞宏先生に総合診療科に関する講演を行っていただきました。高齢者の増加に伴い必要性が高まる診療科であり、大変参考になる講演でした。
続いて行われた懇親会では病院を超えて親睦を深めることができ、この地域の仲間として今後も交流が深まりそうです。
中山 紫季BLANK.jpg中山 紫季BLANK.jpg中山 紫季BLANK.jpg中山 紫季BLANK.jpg中山 紫季

中山 紫季 【「第54回九州麻酔科学会」で発表しました。】
初期臨床研修医(平成27年) 丸田 弦
 9月3日に九州麻酔学会でポスター発表をさせていただきました。
「褐色細胞腫に対する人工血管置換術の麻酔経験」という演題で発表させていただきましたが、今回初めてのポスター発表ということで若干緊張していましたが、指導医の先生方のご指導もあり当日はスムーズに発表することができました。実際に私自身が経験した症例ではありませんでしたが、今回勉強した麻酔管理方法が今後の診療の糧になることと思います。今回の発表に際して麻酔科の先生には大変お世話になりました。この場を借りてお礼を申し上げます。

中山 紫季 【「第314回日本内科学会九州地方会」で発表しました。】
初期臨床研修医(平成27年) 丸田 弦
 8月6日、宮崎の内科学会九州地方会において「甲状腺機能低下症により高炭酸ガス血症を来した一例」という演題で症例発表をさせて頂きました。
 会場に向かう際、日向の国宮崎では滅多にないゲリラ豪雨に見舞われ、何となく幸先悪いスタートで発表はうまくいくのかと不安な思いにかられていましたが、いざ発表が始まるととても楽しくあっという間に時間が過ぎていました。発表終了後は上級医の先生方からの鋭い質問もあり、このような症例で注意すべきことを改めて再確認することが出来ました。自分にとって院外発表は今回が初めてであり、とても緊張しましたが、貴重な体験が出来ました。
 今回発表にご協力頂きました先生方、スタッフの方々本当にありがとうございました。

中山 紫季初期臨床研修医(平成27年) 木村 翔一
【 有明外科カンファで発表しました 】
2016年5月24日、有明外科カンファで発表しました。

テーマは「子宮原発平滑筋腫の肺転移」で診断推論形式で行いました。
発表するまでに調べた内容などはとても勉強になり、今後同症例を臨床外科学会総会の方でも発表させていただく予定としております。
また荒尾市立病院の研修医の方も発表されており、この内容もとても勉強になりました。

中山 紫季 【 「第117回日本耳鼻咽喉科学会」に参加しました 】
初期臨床研修医(平成27年) 丸田 弦
名古屋で行われた耳鼻咽喉科学会では研修医を対象としたセッションに参加させて頂き、耳鼻科医の役割や研修医が耳鼻咽喉科に対してどのような印象を持っているのかを把握でき参考になりました。その他各会場でも研究や症例発表など様々なイベントが行われていました。

【 「第63回日本麻酔科学会」に参加しました 】
 福岡で行われた麻酔科学会では若手医師向けの勉強会に参加させて頂きました。日常の麻酔管理において若手が遭遇するであろう疑問や悩みをわかりやすく講演して頂き勉強になりました。また、麻酔科医の位置づけや今後の展望等も知ることができました。会場には麻酔科関連の書籍を販売するコーナーも設けてあり、同期の研修医と書籍を数冊購入し、ほくほく顔で帰路につきました。麻酔科志望の私にとってとても有意義な時間となりました。
このような機会を設けてくださった先生方、本当にありがとうございました

中山 紫季 【 第2回 大牟田市立病院ICLS指導者育成ワークショップに参加しました 】
初期臨床研修医(平成26年)中山 紫季

 平成28年3月19日に当院で開催されたICLS指導者養成ワークショップに参加しました。
日本救急医学会認定ICLSインストラクターとなるためのワークショップで、ICLSコースを受講生がいかに主体性をもって、尚且つ理解を促し、実践できるよう指導するかがテーマでした。ICLSコース開催の手はずから会場設営、ICLSの実際まで、指導することの難しさを痛感しました。今後の救急医としての進路にも役に立つ有意義なワークショップで、今後、インストラクターをする上でも生かしていきたいと思います。


【 レジナビフェアに参加しました】
DSCF0452.JPGBLANK.jpgDSCF0425.JPGBLANK.jpgDSCF0426.JPG

 3月6日小雨降る暖かい日曜日、当院研修医3名、指導医2名、事務職員1名の合計6名は、福岡市で開催されたレジナビフェア2016 in福岡に参加しました。
当院からは初参加で、少々緊張しての参戦となりました。
九州各県の医学部のある大学から、チャーターバスに学生さん達を乗せ、会場であるマリンメッセ福岡に直送してきており指導医である私たちの学生時代にはあり得なかった光景が眼の前に広がり、大いに驚きました。
 今回参加の目的は、一人でも多くの医学生に、この大牟田市立病院に興味を持ってもらい、病院見学に来てもらう事でした。当院での研修や勤務を将来希望し、この地区の医療を守る為に尽力してくれる人材を発掘する、そのための大切なファーストステップと考えていました。
とはいえ、果たして何人の学生さんが興味を持ってくれるのか、内心心配でなかったわけではありません。多数出展する医療機関の中でいかに目立つかが勝敗を左右すると考え、皆でおそろいのスクラブ(しかも、その色は病院のイメージ&ビタミンカラーであるオレンジ色!)を着用し、肩や胸には大牟田の誇り、大蛇山祭りのワッペンを付け、首には総務課長がこの日のために作ってくれた名前入りの木札にこれまた大蛇山の根付けをつけた、お手製お守りをぶら下げて、「よっしゃ頑張るぞ!」と無理矢理士気をあげて出陣しました。すると、我が大牟田市立病院が誇る3名の研修医イケメン精鋭部隊による魅力的なアプローチが威力を発揮、学生さん達のハートを鷲掴み!に、したのかはわかりませんが、蓋を開けばなんと20人を超える学生さんが、当院のブースに立ち寄り、熱心に話を聞いてくれたのです。中には、「見学に行ってもいいでしょうか?」と、うれしい質問を投げかけてくれる学生さんもいて、うれしさのあまりブース来訪者に配っていたアメを大奮発してたくさんあげてしまいました。きっと本当に見学に来てくれるのではないかなと期待しております。
来年も同様にこのレジナビフェアで、当院の魅力を広く医学生に発信し、将来一緒に働いてくれる仲間を発掘に行きたいと思いました。

中山 紫季 【 第8回 佐賀県ドクターヘリ症例検討会に出席しました 】
初期臨床研修医(平成26年)中山 紫季

 前回に引き続き、2016/01/26に第8回も参加しました。2015年10~12月の実績報告と3つの症例の検討でした。症例は①直近医療機関に陸路搬送を行った外傷性CPA事例②海岸岩礁にて発生した脳卒中患者の救出事例③現場滞在時間の長かったヘリコプター搬送事案の検討の3つでした。①では、ドクターヘリ到着時にCPAである場合の判断や直近医療機関でのフライトドクターの立ち位置について議論となり②ではヘリのランデブーポイントの選定や処置する場所の安全性、フライトドクターの安全管理について議論となりました。③は現場滞在時間が長かった事例の検討で、原因は主に受け入れ先病院の選定、処置に時間を要した、複数傷病者などの原因が挙げられました。特に中等症の患者搬送における病院選定に全例時間を要していたようです。
当院は災害拠点病院であり、すぐ近くにドクターヘリのランデブーポイントもあるということから関わりを持つことは多いと思うので、今後も症例検討会に積極的に関わって連携を深める必要があると前回と同様感じました。救急医を目指す私個人としても積極的に学んでいきたいと思います。

中山 紫季 【 「第312回 日本内科学会九州地方会」で発表しました 】
初期臨床研修医(平成27年) 木村 翔一

 1月16日に九州大学100年講堂にて循環器分野で発表しました。当日の発表は問題なく終わり、良い経験をすることができました。他の先生方の発表も興味深いテーマが多く、医師となって初めて参加した学会は実り多いものになりました。また機会があれば是非参加させていただきたいと思います。

中山 紫季 【 第77回 臨床外科学会で発表しました 】
久留米大学研修医 梅谷 有希

 2015年11月28日に行われた臨床外科学会で、症例報告の発表をさせていただきました。外科的な学会発表は2回目でしたが内容の濃い症例であったため指導医に丁寧に指導をしていただきつつ入念に準備を進めました。準備を進める中で沢山の教科書や論文を読み、化学療法・手術加療についてとても勉強になりました。発表の当日は共同演者の指導医も控えていただき、安心して発表することができました。研修医セッションでの発表でしたので、全国の研修医と交流することができ刺激になりました。また、大学時代の同級生で外科医を目指している人たちとも交流できてとても充実した学会発表でした。
次回の臨床外科でも発表したいと考えています。

【 第3回有明地区合同研修医カンファランスが開催されました 】

10月31日(土)に第3回有明地区合同研修医カンファレンスが開催されました。これは平成25年度より当院および米の山病院、荒尾市民病院の3病院合同で開催されている初期臨床研修医の症例検討会です。今年度からは玉名中央病院も加わり4病院合同でのカンファレンスが開催されました。初期臨床研修医14名、上級医13名が参加し、当院からも1年次研修医 木村翔一先生が症例発表を行いました。カンファレンスでは、今まで以上に活発な質疑・応答が行われました。その後、みさき病院 田中清貴先生より認知症に関するレクチャーを行っていただきました。さらに、懇親会では病院を超えて親睦を深めることができました。
有明カンファ1_20151031.JPG有明カンファ2_20151031.JPG

有明カンファ3_20151031.JPG

中山 紫季 【 第7回 佐賀県ドクターヘリ症例検討会に出席しました 】
初期臨床研修医(平成26年)中山 紫季

 福岡県と佐賀県ではドクターヘリの相互応援が行われています。10月27日に佐賀大学医学部附属病院にて佐賀県ドクターヘリ症例検討会に出席しました。
平成27年度のドクターヘリ運航実績の報告や2例の症例検討がありました。
1つは久留米ドクターヘリとの多数傷病者コラボレーション症例で今後の福岡佐賀ドクターヘリでの連携における課題や、分散搬送の適応などが議論されました。
2つめは救出困難事例対応時の待機の在り方についてで、ドクターの現場投入から患者接触に1時間以上の待機時間があった場合の待機の在り方、特に待機中に別のドクターヘリ要請があった場合の対応やsecond teamの必要性について議論されました。当院でも中継地点としてドクターヘリと関わることも多々あるため、こういう症例検討会に積極的に関わり連携を深めていく必要があると思いました。
出席させていただいた検討会は大変貴重な体験になりました。

大久保卓.JPG 【 第121回 日本脳神経外科学会九州支部会で発表しました 】
久留米大学研修医 大久保 卓

 今回このような場で発表する機会を頂き誠にありがとうございました。
私は今回「小児の小脳に発症した多型黄色星細胞腫」に関して発表しました。
演題登録の抄録、発表用スライドを作成する段階で多くの参考文献を読み、とても深く学ぶことができました。
自分の発表以外でも学会に出ている演題は興味深いものが多く、とても有意義な時間でした。ありがとうございました。

【 「胸部X線を読み解く会」に参加しました 】
10月24日熊本済生会病院で開催された「胸部X線を読み解く会」に参加しました。世界的にも著明な胸部放射線医である福井大学 特命教授 伊藤春海先生のセミナーです。

当院からは1年次研修医の木村翔一先生と丸田弦先生が参加しました。

中山 紫季初期臨床研修医(平成27年) 木村 翔一

 胸部X線の読影について解剖学的観点から講義していただきました。自分が普段行っている読影にすぐにでも加えることのできる内容で実臨床に即したものでした。特に鎖骨随伴陰影や腋窩、気管支の読影の仕方は意識して見ていなかった部分でしたので、日々の診療に役立てていこうと思います。

中山 紫季初期臨床研修医(平成27年) 丸田 弦

 胸部の正常の解剖がX線に写るとどうなるのか?そこに異常が起きればどうなるのかを貴重なスライドとともにご教授頂きました。中でも大鎖骨上窩に異常が生じた際の鎖骨随伴陰影の消失。気腫が生じた場合の前鋸筋と広背筋の間の透過性亢進、また気管支壁が3mm以上に肥厚することなど目から鱗なことだらけでした。最後まで眠くならずに興味を持って聞くことができ、今後もこのような勉強会があれば積極的に参加したいと研修医2人で帰りの道中、盛り上がりました。

田中優子.JPG 【 第151回 福岡産婦人科学会で発表しました 】
久留米大学研修医 田中 優子

 2015年10月11日に行われた福岡産婦人科学会で、症例報告の発表をさせていただきました。私にとって初めての学会発表であり、指導医に丁寧に指導をしていただき、入念に準備を進めました。準備を進める中で沢山の教科書や論文を読み、とても勉強になりました。発表の当日は共同演者の指導医も控えていただき、安心して発表することができました。今回反省点も多々あったため、次回このような機会をいただいた際には、活かせたらと思います。

【 オンラインセミナーを開催しました 】

10月2日(金) 夕方より オンラインセミナーを開催しました。
テーマは、「電解質救急」でした。
研修医はもちろんですが、上級医の先生方の参加も多数ありました。
「分かりやすく、ためになった」という感想が多く、再放送の要望もありました。

電解質に関する診断・治療は重要な分野であり、日常臨床にすぐに役に立つ内容でした。
オンラインセミナー写真①.JPGオンラインセミナー写真②.JPG

中山 紫季 【 第12回 認知症SOSネットワーク模擬訓練に参加しました 】
初期臨床研修医(平成26年)中山 紫季

 大牟田市では2004年度より年に1回、認知症SOSネットワーク模擬訓練が実施されています。これは、認知症の方が行方不明になったという設定のもと、SOSネットワーク(行方不明になった認知症の方を捜すためのネットワーク)を活用して、「通報~連絡~捜索~発見・保護」の情報伝達の流れの訓練です。
今回、9月20日に実施された模擬訓練に参加しました。

→ 模擬訓練の詳細についてはこちら(大牟田市役所サイト)

臨床研修のご案内

看護部のご紹介看護部のご紹介

臨床研修のご紹介臨床研修のご紹介

職員募集情報職員募集情報

奨学金貸付制度奨学金貸付制度

メディカルパティオメディカルパティオ

小児感染症発生動向小児感染症発生動向

インフォメーション

初診受付 [月~土]午前8時15分~午前11時

再来受付 [月~土]午前8時30分~午前11時

休 診 日 日曜日・祝日・振替休日