地方独立行政法人 大牟田市立病院|写真で見るイベント報告

地方独立行政法人 大牟田市立病院|奨学金貸付制度関連書類一覧

地方独立行政法人 大牟田市立病院

HOMEHOMEイベント・研修会イベント・研修会各種統計各種統計院内広報誌「たからざか」院内広報誌「たからざか」地域医療連携地域医療連携施設・交通案内施設・交通案内

イベント・研修会

大牟田市立病院について大牟田市立病院について外来のご案内外来のご案内入院のご案内入院のご案内診療科・各部門のご紹介診療科・各部門のご紹介職員募集情報職員募集情報

写真で見るイベント報告

当院で行われたイベントを写真とともにご紹介します。

【平成29年4月19日】 褥瘡委員会主催勉強会 テーマ:DESIGN分類 p_new.png
 4月19日(水)に当院大会議室にて、形成外科部長春日医師による院内職員向けの勉強会が開催されました。
4月という事もあり、新人看護師や経験の浅い看護師など大勢の参加がありました。
R1259723.jpgBLANK.jpgR1259725.jpg
BLANK.jpg
R1259724.jpgBLANK.jpgR1259722.jpg

【平成29年2月9日】 消防訓練を行いました
 平成29年2月28日(火)の15:00より当院東7階病棟で消防訓練を行いました。 
今回は夜間に地震が発生し、火災が起きたという想定で訓練を行いました。
発見者による通報や初期消火、患者さんを想定した職員の避難誘導や担架による搬送など役割分担をし迅速な避難行動を行うことが出来ました。
いつどこで災害が起こるかわからないという危機感を持ちながら、今後も継続的に訓練を行っていきます。
消防訓練2017-1.jpgBLANK.jpg消防訓練2017-2.jpg
BLANK.jpg
消防訓練2017-3.jpgBLANK.jpg消防訓練2017-4.jpg

【平成29年1月28日】 第19回病院学会開催 
 平成29年1月28日(土)に病院学会が開催されました。特別講演として、熊本市立熊本市民病院院長の髙田明先生より、「病院避難後の活動と新病院再建に向けて」というテーマで講演が行われました。熊本市民病院から研修に来られている多くのスタッフが参加、拝聴されていました。
医療安全対策室の緒方感染対策認定看護師が「A病院におけるVPD(Vaccine Preventable Diseases)対策」を発表し、院長賞を受賞されました。
19病院学会1.jpgBLANK.jpg19病院学会2.jpg

【平成29年1月23~27日】 接遇週間 
 接遇の向上のため、接遇週間を年2回(7月、1月)設けて、全職員が接遇ワッペンを付けてあいさつ運動に取り組んでいます。
期間中は、8:00~8:30まで、正面入口・第3駐車場側入口で各部署の職員が写真のように「おはようございます」と元気な笑顔でお出迎えしています。
あいさつ運動.JPGBLANK.jpgあいさつ運動2.jpg
           正面入口                  第3駐車場側入口 

【平成28年12月24日】 門松作りを行いました 
 新年を迎えるにあたり、毎年恒例で行っている新年の門松作りを行いました。
素人の職員が、竹を熊本県南関町(看護師所有地)から採取し、松・梅などの飾り付けをして、出来栄えは・・・それらしく門松に仕上がりました。
正面玄関前に飾ってます。
平成29年が良い年となるよう心を込めて作成しました!
門松づくり1.jpgBLANK.jpg門松づくり2.jpg

【平成28年12月18日】 子ども未来デッサン(医師のお仕事)を行いました 
 大牟田市(生涯学習課)が行っている『子ども未来デッサン事業』( 詳細はこちらの大牟田市ホームページ )に、当院の春日医師(形成外科部長)が講師としてお話しをしました。51名の市内の小学4~6年生に“子どもの頃のこと”や、“夢を持ったきっかけ”、“仕事をしていて楽しいことや苦労していること”など伝える講座を行いました。講座の後には、①手術室、手洗いチーム②救急蘇生、聴診器チームにわかれて医療現場の疑似体験を行いました。参加した方からは「みんなの役に立つ仕事につきたいと思った」「きついことからも逃げないで、コツコツと頑張りたい」など大変前向きな感想をいただきました。参加された方の中から将来、一緒に働く医師が誕生することを期待します。

子供デッサン1.jpgBLANK.jpg子供デッサン2.jpg
BLANK.jpg
子供デッサン3.jpgBLANK.jpg子供デッサン4.jpg

【平成28年12月17日】 クリスマス発表会 
 12月17日(土)に院内保育所さくらキッズにて、クリスマス発表会が行われました。
当日は会場の部屋に入りきれないほどの保護者の方にお越し頂きました。
第1部は発表会で、多くの保護者の方々に圧倒されつつも、ちょっと涙が出てしまう子供さんもいらっしゃいましたが、ダンスに劇にと日頃の練習の成果を発揮して頑張ってくれました!
0歳児むすんでひらいて.jpgBLANK.jpg1歳児にゃんこ体操.jpg
BLANK.jpg
0歳児あいあい.jpgBLANK.jpg2歳児フルフルフルーツ.jpg

 第2部はクリスマス会で、園長先生によるパネルシアターや、親子ふれあい遊びを行い、最後にサンタさんが登場!今日1日がんばったみんなにご褒美がありました。これからアメリカに行くというサンタさん、また院内保育所にも来てね♪
パネルシアター.jpgBLANK.jpg親子ふれあい遊び.jpg

【平成28年12月1日】 クリスマスツリーの飾り付けを行いました 
 総合受付のクリスマスツリーの飾り付けをさくらキッズの子供たちが手伝ってくれました。大きなツリーにみんなも大喜びでしたよ

X'mas飾り付け2.jpgBLANK.jpgX'mas飾り付け3.jpgBLANK.jpgX'mas飾り付け1.jpg

【平成28年11月26日】 「超音波検査実技講習会」が開催されました 
 平成28年11月26日に当院研究研修室において『超音波実技講習会』が開催されました。
大牟田地区周辺の臨床検査技師を対象にした講習会で、今回は『消化管エコー』『下肢血管エコー』2つの実技講習を行いました。
検査技術に対する指導をしていただき、大変有意義な時間となりました
エコー講習会2.jpgBLANK.jpgエコー講習会5.jpgBLANK.jpgエコー講習会1.jpg
BLANK.jpg
エコー講習会3.jpgBLANK.jpgエコー講習会4.jpg

【平成28年11月21日】 さくらキッズ 勤労感謝の日の訪問イベント 
 11月23日の勤労感謝の日に合わせて、11月21日(月)に、院内保育所「さくらキッズ」の2~3歳の子供たちと保育士さんが、院長室等に訪問に来てくれました。
子供たちは「いつもお仕事おつかれさまです」と院長先生らに制作物を渡してくれ、院長室・事務局長室では「どんぐりころころ」の歌も披露してくれました。
 訪問を受けた皆さんは、子供たちの可愛らしい姿に、思わず頬が緩んでおられました。

勤労感謝1.jpgBLANK.jpg勤労感謝2.jpg
BLANK.jpg
勤労感謝3.jpgBLANK.jpg勤労感謝4.jpg

→院内保育所についてはこちら

【平成28年7月9日】 市民公開講座開催 ~もの忘れに困っていませんか~ 
 認知症患者は年々増加しており、現在約7人に1人、2025年には4人に1人になると言われています。認知症と共によりよく生きて行くことができる環境整備のためにも、これからは認知症の理解が必要です。今回の市民公開講座は「物忘れに困っていませんか?」をテーマに、江川看護師長による認知症についての講演が行われました。
 講座には、約50名の市民の方々の参加がありました。認知症の種類や特徴、認知症の方とのコミュニケーション法などの公演後、日常で出来る認知症予防体操を一緒に実践しました。
市民公開講座1.jpg

【平成28年7月2日】 ☆救急蘇生講習会を開催しました☆
7月2日(土)当院大会議室にて、救急蘇生講習会を開催しました。この講習会は主に大牟田市内の医療従事者を対象とし、心停止時の適切な蘇生を習得するために開催しています。当日は12名の医療従事者の方々が受講され、皆さん救急蘇生の知識を身につけようと一生懸命取り組まれました。

001.jpg008.jpg
         スタッフへの説明               グループに分かれての実践

今後も継続して本講習会を開催し、地域の救急医療水準の向上を図っていきます。

【平成28年6月14日】 臨床がんカンファランス開催
6月14日(火)地域の医師を対象に、当院大会議室にて地域第51回臨床がんカンファランスを開催しました。
今回は「肝胆膵の外科治療」をテーマに、当院の肝胆膵外科の現状について当院外科医の野北医師が講演いたしました。
また「特別企画」としまして、がん治療における化学療法と放射線治療の推進に関する研修を行いました。

Photo1.jpgPhoto2.jpg

【平成28年6月6日 13日】 放射線安全研修会の開催
 去年に引き続き、久留米大学医学部放射性同位元素施設、久志野 彰寛先生の「放射線を安全に取扱うために」の講演でした。
サーベイメータを実際に使って遮蔽のあり・なし、遮蔽物質の違いによる放射線の透過力の違いを見せて頂きました。
「事故・トラブルはなくならない。放射線に限らず、人間の行う作業には想定外の事故・トラブルはつきもの、大なり小なりどこでも起こりうる。」ということで、教育・訓練を繰り返し行うことの重要性を仰っていました。
「外部被ばく防護の三原則:距離・時間・遮蔽」
「内部被ばく防護の五原則:閉じ込め・集中化・希釈・分散・除去」
これらをしっかりと守っていきたいと思います。

私達が取扱ってる放射線の有効性・危険性について、過去の事例等を通じてあらためて考えることができました。

Photo1.jpgPhoto2.jpgPhoto3.jpg

【平成28年5月28日】 病院見学会の開催について
 5月28日(土)午後1時より、看護学生等を対象とした病院見学会を開催致しました。小雨がちらつく中、県内外の学校から合計12名の学生の方が参加をされました。最初こそ皆さん緊張の面持ちでしたが、途中からは違う学校の方同士でもお互いの学校のことを質問し合うなど、うちとけた雰囲気の中で進められました。
 最初の1時間程度で、病院概要と看護部の概要を説明し、その後3班に分かれて院内を見学していただきました。見学に際しては事前に希望を聞いて、見たい病棟や外来を見ていただくようにしました。新しくなった救急外来など、皆さん、お目当ての診療科の病棟などを挙げられており、興味津々の様子でした。
 その後は、本見学会の目玉、座談会です!卒後2~5年目の先輩看護師にも入ってもらい、大牟田市立病院の看護業務について率直に話してもらいました。参加者の方からも、研修体制、交代勤務(3交代、2交代)、配属部署、給料、手当等、多くの質問が出て、あっという間に時間が過ぎ閉会となりました。
 参加者の皆さんが真剣なまなざしで話を聞いている姿に、企画したスタッフも熱意が感じられ嬉しく思うとともに、これからの参加者の将来を決める一助になれば幸いです。また、6月25日(土)には看護師採用試験を開催致しますが、今回の参加者の中からも多くのご応募があることを期待しています。
見学会1.jpg見学会2.jpg
見学会3.jpg

【平成28年4月16日】 DMATの活動について
 熊本地方の大地震に対するDMAT派遣要請を受け、当院からDMAT隊員が出動しました。熊本市の東病院を訪れ、入院患者さんへ看護支援などを行いました。
DMAT1_20160416.jpgDMAT2_20160416.jpg


また、DMAT活動に対して東病院より感謝状をいただきました。
DMAT_thanks.jpg
  →DMATチームについて

【平成28年3月】 当院の職場環境改善の良好・改善事例が表彰されました!
 当院の安全衛生委員会では、患者さんや職員がより安心で安全、そして快適に病院での時間を過ごせるように、各職場が取り組んでいる職場環境改善の良好・改善事例を毎年、募っています。そして、提出された応募事例は、大牟田市役所なども含めて、20160331photo.jpg最優秀事例などを決める投票を行い、表彰されています。
 今年度、当院から提出した事例のうち、次の4事例がみごと表彰されました。いずれの事例も、各職場のアイデアから始まったものです。今後も、安心、安全、快適な病院環境作りに取り組んでいきます。

【優秀賞】
★看護部東7階病棟「カエルちゃんカードの作成」
 職員のワークライフバランス充実のため、定時で帰ることができるよう、職場の勤務者表示の横にカエルちゃんカードをはり、「本日はこの方が定時退社予定です」ということを職場全体で分かるようにした。
【敢闘賞】
★看護部手術室「改善事項をホワイトボードに貼付」
 職員が付箋紙を用いて、日常業務において感じる「改善したいこと」「気になること」を匿名で書き出してホワイトボードに貼っていく。月に1回、貼付の付箋紙の内容について、意見交換する。
★看護部外来センター(中央処置室)「注射カードの作成」
 応援看護師や他部署から異動してきたばかりの看護師でも一見して分かるように、注意が必要な特殊注射薬について、注射名や注意事項を記載した注射カードを作成し、色を分けて識別しやすいようにした。
★中央放射線部「患者さまの本人確認方法の変更」
 患者さんの間違いを無くすために、検察室に呼び込む際、口頭での患者さんの生年月日の確認だけでなく、保持している診察券でも本人確認を行うようにした。

【平成28年3月6日】 レジナビフェア参加
 3月6日小雨降る暖かい日曜日、当院研修医3名、指導医2名、事務職員1名の合計6名は、福岡市で開催されたレジナビフェア2016 in福岡に参加しました。
当院からは初参加で、少々緊張しての参戦となりました。
 九州各県の医学部のある大学から、チャーターバスが学生さん達を乗せ、会場であるマリンメッセ福岡に直送してきており指導医である私たちの学生時代にはあり得なかった光景が眼の前に広がり、大いに驚きました。
 今回参加の目的は、一人でも多くの医学生に、この大牟田市立病院に興味を持ってもらい、病院見学に来てもらう事でした。当院での研修や勤務を将来希望し、この地区の医療を守る為に尽力してくれる人材を発掘する、そのための大切なファーストステップと考えていました。
 とはいえ、果たして何人の学生さんが興味を持ってくれるのか、内心心配でなかったわけではありません。多数出展する医療機関の中でいかに目立つかが勝敗を左右すると考え、皆でおそろいのスクラブ(しかも、その色は病院のイメージ&ビタミンカラーであるオレンジ色!)を着用し、肩や胸には大牟田の誇り、大蛇山祭りのワッペンを付け、首には総務課長がこの日のために作ってくれた名前入りの木札にこれまた大蛇山の根付けをつけた、お手製お守りをぶら下げて、「よっしゃ頑張るぞ!」と無理矢理士気をあげて出陣しました。すると、我が大牟田市立病院が誇る3名の研修医イケメン精鋭部隊による魅力的なアプローチが威力を発揮、学生さん達のハートを鷲掴み!に、したのかはわかりませんが、蓋を開けばなんと20人を超える学生さんが、当院のブースに立ち寄り、熱心に話を聞いてくれたのです。中には、「見学に行ってもいいでしょうか?」と、うれしい質問を投げかけてくれる学生さんもいて、うれしさのあまりブース来訪者に配っていたアメを大奮発してたくさんあげてしまいました。きっと本当に見学に来てくれるのではないかなと期待しております。
 来年も同様にこのレジナビフェアで、当院の魅力を広く医学生に発信し、将来一緒に働いてくれる仲間を発掘に行きたいと思いました。

DSCF0418.JPGDSCF0425.JPG

DSCF0438.JPGDSCF0453.JPG

【平成28年3月5日】 市民公開講座開催
3月5日(土)当院大会議室にて第26回市民公開講座を開催しました。
 今回のテーマは「あなたの足は大丈夫?~正しい姿勢と靴選び~ 」と「SRPP(皮膚再潅流圧)検査」でした。
 当院形成外科部長の春日 麗医師が健康で歩き続けるために必要な正しい靴選びと靴の履き方、歩行姿勢のポイントについて、また当院中央検査部主査の島 雄一技師が当院で最近導入された医療機器のSRPP検査について講演いたしました。
60名余りの聴講者の皆様が集まり、熱心に話を聞かれていました。講演後には実際に歩行の練習なども行いました。
 今回も参加者が多く講演後は質問が相次ぎ、興味深いテーマだったようです。
 今後もより分かりやすく、ためになる市民公開講座を開催していきます。
 次回は「認知症」についての講演を予定していますので、皆さまのご参加お待ちしています。
20160305_1.jpg20160305_2.jpg

20160305_3.jpg20160305_4.jpg

イベント・研修会

看護部のご紹介看護部のご紹介

臨床研修のご紹介臨床研修のご紹介

職員募集情報職員募集情報

奨学金貸付制度奨学金貸付制度

メディカルパティオメディカルパティオ

小児感染症発生動向小児感染症発生動向

インフォメーション

初診受付 [月~土]午前8時15分~午前11時

再来受付 [月~土]午前8時30分~午前11時

休 診 日 日曜日・祝日・振替休日