地方独立行政法人 大牟田市立病院|写真で見るイベント報告

地方独立行政法人 大牟田市立病院|奨学金貸付制度関連書類一覧

地方独立行政法人 大牟田市立病院

HOMEHOMEイベント・研修会イベント・研修会各種統計各種統計院内広報誌「たからざか」院内広報誌「たからざか」地域医療連携地域医療連携施設・交通案内施設・交通案内

イベント・研修会

大牟田市立病院について大牟田市立病院について外来のご案内外来のご案内入院のご案内入院のご案内診療科・各部門のご紹介診療科・各部門のご紹介職員募集情報職員募集情報

写真で見るイベント報告

当院で行われたイベントを写真とともにご紹介します。

【平成30年3月26日】 災害用保存水を寄付しました。  p_new.png
 平成30年9月に賞味期限を迎える災害用保存水の買い替えに伴い、大牟田市社会福祉協議会様及び熊本子育てサポーターズ様を通じて、生活困窮者や熊本地震の被災者の支援として寄付をさせて頂きました。配送についてはグリーンコープ災害支援センターさんにもお手伝い頂いております。ご協力頂いた皆様ありがとうございました。
保存水寄付1.jpgBLANK.jpg保存水寄付2.jpg

【平成30年3月17日】 生活発表会及び卒園式を行いました。  p_new.png
 ポカポカ陽気の3月17日、院内保育所「さくらキッズ」において生活発表会及び卒園式を行いました。さくらキッズの月極保育は0歳児~2歳児までのお預かりですが、当日は2名の欠席があったものの、歌に合奏にダンスに劇にと、子どもたちは日頃の成果を十分に発揮して頑張ってくれました。卒園式では緊張のあまりハプニングもありましたが、感動的な式となりました。卒園生のみなさんは幼稚園に行ってもがんばってね!
生活発表式1.jpgBLANK.jpg生活発表式2.jpg
BLANK.jpg
生活発表式3.jpgBLANK.jpg生活発表式4.jpg
BLANK.jpg
卒園式1.jpgBLANK.jpg卒園式2.jpg

【平成30年3月15日】 多数傷病者受入訓練を行いました。  p_new.png
 3月15日(木)の16:00より当院救急外来で多数傷病者受入訓練を行いました。休日に発生した災害を想定し、招集された職員が多数の傷病者役の処置を行いました。いつ起こるかわからない災害に対応できるよう、今後も定期的に様々な想定や訓練を行っていきます。
傷病者受入1.jpgBLANK.jpg傷病者受入2.jpg
BLANK.jpg
傷病者受入3.jpgBLANK.jpg傷病者受入4.jpg

【平成30年3月15日】 消防訓練を行いました。  p_new.png
 3月15日(木)の14:30より当院西5階病棟で消防訓練を行いました。夜間に病棟で火災が発生した想定で、発見者による通報や初期消火、患者さんを想定した職員の避難誘導や搬送など迅速な避難行動を行うことが出来ました。いつどこで災害が起こるかわからないという防災意識を常に持ちながら今後も訓練を定期的に行っていきます。
消防訓練1.jpgBLANK.jpg消防訓練2.jpg
BLANK.jpg
消防訓練3.jpgBLANK.jpg消防訓練4.jpg
BLANK.jpg
消防訓練5.jpgBLANK.jpg消防訓練6.jpg

【平成30年3月4日】 レジナビフェア2018in福岡に参加しました  p_new.png
 暖かい日曜日となりました3月4日、当院研修医2名、指導医2名、事務職員1名の合計5名で、福岡市で開催されたレジナビフェア2018 in福岡に参加しました。
今回で3回目の参加になりますが、当院のブースには23名の医学部生の方々が立ち寄っていただき、当院の研修プログラムや当院の魅力、大牟田市についてなどを説明させていただきました。当院での病院見学を希望される学生さんもあり、楽しみにしています。
当院の魅力を広く医学生に発信し、将来一緒に働いてくれる仲間が増えることを期待しています。
レジナビ_2018-1.JPGBLANK.jpgレジナビ_2018-2.JPG

【平成30年2月10日】 第32回市民公開講座開催 
 2月10日(土)に耳鼻咽喉科医長の上村弘行医師より「難聴と耳鳴りがつらいあなたへ ~意味ある補聴器への一歩~」について市民公開講座を行いました。講演後には実際に補聴器を体験できる時間を設けました。
20180201_1.jpgBLANK.jpg20180201_2.jpg

【平成30年1月29日~2月2日】 接遇週間 
 接遇の向上のため、接遇週間を年2回(7月、1月)設けて、全職員が接遇ワッペンを付けてあいさつ運動に取り組んでいます。
期間中は、8:00~8:30まで、正面入口・第3駐車場側入口で各部署の職員が「おはようございます」と元気な笑顔でお出迎えしています。
CIMG0234.JPGBLANK.jpgCIMG0236.JPG
           正面入口                      第3駐車場側入口

【平成30年1月27日】 第20回 大牟田市立病院学会開催 
 1月27日(土)に大牟田市立病院学会を開催しました。当院における病院学会は、院内の部門を越えた「学問的な情報を共有する場」としての役割を持っています。これを踏まえて院内の各部門は、計11の演題発表を行いました。さらに、これから医療人が知っておくべき事、介護現場から医療現場への要望など、地域包括ケアシステムでの連携に必要な知識を学ぶことを目的として特別講演も実施したところです。
 この中で、演題発表においては、力のこもった発表の結果、看護部(救急病棟)の「RST活動の現状と課題 ~RST発足一年を振り返って~」(発表者・長谷川看護師)が院長賞受賞となりました。
 また、特別講演においては、講師に大牟田市介護専門員連絡協議会会長の安藤寛治先生を迎え、「医療と介護の連携 ~住みなれた地域で過ごすために~」をテーマにお話しいただきました。講演は、地域医療に携わる者として大変興味深く、貴重なお話をうかがうことができました。
 今後も大牟田市立病院は、今回の病院学会で学んだことを糧に、さらに良質で高度な医療を提供し、住民に愛される病院を目指して参ります。
20180127_1.JPGBLANK.jpg20180127_2.JPG
BLANK.jpg
20180127_3.JPGBLANK.jpg20180127_4.jpg

【平成29年12月23日】 門松作りを行いました 
 新年を迎えるにあたり、毎年恒例で行っている新年の門松作りを行いました。
素人の職員が、竹を熊本県南関町(看護師所有地)から採取し、松・梅などの飾り付けをして、出来栄えは・・・それらしく門松に仕上がりました。
正面玄関前に飾ってます。
平成30年が良い年となるよう心を込めて作成しました!
DSCN2444.JPGBLANK.jpgDSCN2461.JPG
BLANK.jpg
DSCN2463.JPGBLANK.jpgDSCN2464.JPG

【平成29年12月18日】 褥瘡勉強会 
 12月18日(月)に当院理学療法士・山下満博先生を講師に「キネステティクポジショニングの概念と実際」について褥瘡勉強会を行いました。
院内・院外合わせて28名の参加があり、実践的な内容で今後の業務に生かしたいとの意見がありました。
DSC_0009.jpgBLANK.jpgDSC_0011.jpg

【平成29年11月・12月】 いのちの授業  学校訪問 
 大牟田市立天の原小学校、大牟田市立みなと小学校、南関町立南関第一小学校へ『いのちの授業』に行ってきました。当院の助産師で誕生学アドバイザーの野口鮎美さんが「誕生」について、こども達がイメージしやすい言語を使い、「お腹の中でしてきたいのちのくふう」や「産まれる時に発揮したいのちの力」についてお話しました。
自分のいのちの力、誕生した奇跡を再確認することで、心も体も、自分も他人も大切にできる子どもを育むことを目的に活動しています。
いのちの授業2017_1.jpgBLANK.jpgいのちの授業2017_2.jpg
BLANK.jpg
いのちの授業2017_3.jpgBLANK.jpgいのちの授業2017_4.jpg

【平成29年11月24日】 第4回大牟田市立病院周産期研修会開催 
 11月24日(金)、第4回大牟田市立病院周産期研修会が開催されました。有明医療圏はもとより福岡市内の産院からもご参加いただき15施設76名の参加がありました。
吉満輝行医師より「新しいガイドラインを反映した妊婦健診」、河野亮介医師より「エビデンスに基づいた帝王切開術」について講義が行われました。
周産期研修会1.jpgBLANK.jpg周産期研修会2.jpg

【平成29年11月4日】 ジャー坊、来院! 
 大牟田の夏祭り、大蛇山の「蛇」から命名されたジャー坊が大牟田市立病院に遊びに来てくれました。市民公開講座と小児科病棟を訪れ、ジャー坊の周りには大人や子どもたちの笑顔が広がっていました。
Jyabou_2.JPGBLANK.jpgJyabou_3.JPG
BLANK.jpg
Jyabou_1.JPGBLANK.jpgJyabou_4.JPG

【平成29年11月4日】 第31回市民公開講座開催 
 11月4日(土)に腎臓内科部長の田中将博医師より「まずは知ることから 腎臓からのSOS」について市民公開講座を行いました。講演前には更新した血管造影撮影装置について紹介を行いました。
31市民公開講座_1.JPGBLANK.jpg31市民公開講座_3.JPG

【平成29年9月2日】 超音波検査技師対策勉強会 
 9月2日(土)に超音波検査士試験対策基礎勉強会が開催されました。
大牟田市内を中心に県内の臨床検査技師が、超音波検査士を目指して超音波の基礎を学びました。
DSC_0001.jpg

【平成29年7月26日】 平成29年度 大牟田市立病院子ども参観 
 7月26日(水) 職員の子どもさんで小学4~6年生を対象とした子ども参観を開催しました。今年で3回目となる子ども参観ですが、12名の子ども達が参加し、病院の仕事紹介や仕事体験(顕微鏡体験・手指衛生の実践・術衣着用・看護師体験等)及び職場見学等を通じて、夏休みの思い出づくりに、また次代の社会を担う子ども達の豊かな心を育む良い機会となりました。

子ども参観2017-1.jpgBLANK.jpg子ども参観2017-2.jpg
BLANK.jpg
子ども参観2017-3.jpgBLANK.jpg子ども参観2017-4.jpg
BLANK.jpg
子ども参観2017-5.jpgBLANK.jpg子ども参観2017-6.jpg

【平成29年7月22日】 大蛇山まつり「一万人の総踊り」に参加しました 
 毎年大牟田を熱くする大蛇山まつりの「一万人の総踊り」に、今年も院長を始め多くの職員が参加をしました。今年度は市制100周年の記念事業でもあったため、例年よりも多くの参加者を募っていた「一万人の総踊り」に、病院からも約90人の参加がありました。真夏の暑さを吹き飛ばす勢いで、まつりの盛り上げに一役買いました!

大蛇山1_2017.jpgBLANK.jpg大蛇山2_2017.jpg

【平成29年7月13日】 第12回 地域医療連携懇親会開催 
 7月13日(木) 19:00~21:00 ニューガイアオームタガーデンにて、
「第12回 地域医療連携懇親会」を開催いたしました。
当日は112の施設より347名の参加があり、盛大な懇親会となりました。

地連懇親会1_2017.jpgBLANK.jpg地連懇親会2_2017.jpg
         当院の各診療科医師紹介                 歓談の様子

参加者からは当院に期待する意見として

  • ①24時間断らない救急の提供
  • ②在宅医療との連携、がん診療の充実

があり、地域医療支援病院の役割を果たせるよう今後もがんばってまいります。

【平成29年6月19日 7月3日】 放射線安全研修会の開催
 今回も久留米大学医今回も久留米大学医学部放射性同位元素施設、久志野 彰寛先生の「放射線を安全に取扱うために」の講演で、合計100名ほどの参加でした。

医療で使っている放射線、被ばくの低減についてわかりやすくお話しいただきました。
「外部被ばく防護の三原則:距離を離す・時間を短く・遮蔽をする」
これらをしっかりと守っていきたいと思います。

今回は、サイコロ100個を振って、出た同じ色のサイコロを外し、残ったサイコロを同様に振ることを10回繰り返し、その値をグラフに書いてみるというゲームみたいな事をしました。
 (5⁄6)^n  n=1.2....10

半分になるのが3.8回、10回で16個になります。
これは、放射性同位元素に半減期というものがあり、放射能が時間とともに指数関数的に減っていくことを示されたものです。
このサイコロゲームが一番面白く、会場も盛り上がっていました。

私達が取り扱っている放射線の有効性・危険性について、改めて考えることができました。

放射線安全研修2.jpgBLANK.jpg放射線安全研修4.jpg
BLANK.jpg
放射線安全研修1.jpg

【平成29年4月19日】 褥瘡委員会主催勉強会 テーマ:DESIGN分類
 4月19日(水)に当院大会議室にて、形成外科部長春日医師による院内職員向けの勉強会が開催されました。
4月という事もあり、新人看護師や経験の浅い看護師など大勢の参加がありました。
R1259723.jpgBLANK.jpgR1259725.jpg
BLANK.jpg
R1259724.jpgBLANK.jpgR1259722.jpg

イベント・研修会

看護部のご紹介看護部のご紹介

臨床研修のご紹介臨床研修のご紹介

職員募集情報職員募集情報

奨学金貸付制度奨学金貸付制度

メディカルパティオメディカルパティオ

小児感染症発生動向小児感染症発生動向

インフォメーション

初診受付 [月~土]午前8時15分~午前11時

再来受付 [月~土]午前8時30分~午前11時

休 診 日 日曜日・祝日・振替休日