地方独立行政法人 大牟田市立病院|ギャラリー展

地方独立行政法人 大牟田市立病院|ギャラリー展

地方独立行政法人 大牟田市立病院

HOMEHOMEイベント・研修会イベント・研修会各種統計各種統計院内広報誌「たからざか」院内広報誌「たからざか」地域医療連携地域医療連携施設・交通案内施設・交通案内

ギャラリー展

大牟田市立病院について大牟田市立病院について外来のご案内外来のご案内入院のご案内入院のご案内診療科・各部門のご紹介診療科・各部門のご紹介職員募集情報職員募集情報

ギャラリー展

■第236回 こんなのあり 織部やきもの 展/ 平成29年5月15日~6月10日 new

第202回ギャラリー展

六月中旬の暑さだそうです。
暖房を入れていたかと思ったら冷房を入れないといけない程の寒暖差。
朝と昼との温度差が10℃近くあるなど身体の対応が追いつきません。
これから暑くなる季節を乗り切るため、知恵を授かりたいものです。

第236回ギャラリー展は、織部・やきもの展を開催します。
織部焼は美濃方面で焼かれた日本の焼き物です。

織部焼は、茶人・千利休(1522~1591)の弟子の一人、古田織部(1544~1615)が考案し、焼かせたものといわれています。
室町時代の凛とした中国作品から、桃山時代の利休・侘びさびの作品へ。
そして、へうげ物といわれる故意に歪め、派手な絵つけに緑釉を施したり、自由奔放で動的なこれまでにない斬新な織部作品を創作しました。
その後、江戸初期の小堀遠州(1579~1647)がさらに新しく綺麗さびの室町の古典回帰の創意工夫をします。
古田織部の織部焼という斬新な作品群は現在の陶芸家に連綿と引き継がれています。

奔放で動的な器。こんなものありと目玉を丸くされて結構。日本人の美意識の奥深さに身をもって感じていただければ幸いです。

■過去のギャラリー展の一覧

イベント・研修会

看護部のご紹介看護部のご紹介

臨床研修のご紹介臨床研修のご紹介

職員募集情報職員募集情報

奨学金貸付制度奨学金貸付制度

メディカルパティオメディカルパティオ

小児感染症発生動向小児感染症発生動向

インフォメーション

初診受付 [月~土]午前8時15分~午前11時

再来受付 [月~土]午前8時30分~午前11時

休 診 日 日曜日・祝日・振替休日