平成28年度 大牟田市立 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 889 192 199 303 425 585 1517 1595 1383 371
平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)に退院された患者さんを年齢別に集計しています。
年齢区分は、入院時の年齢で集計しています。
高齢化に伴い、70歳以上の退院患者が44.9%を占める結果となっています。近隣病院と比較すると若干低い割合になっているのは、地域の小児・周産期医療も担っているためと思われます。10歳未満は11.9%でした。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 118 11.89 11.74 0.85 73.88
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 75 11.36 11.06 4.00 74.92
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 10.38 10.33 4.26 72.09
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 41 15.41 16.16 14.63 56.12
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 11.34 9.93 5.71 75.94
肝・胆・膵、消化管疾患を中心に幅広い診療を行っています。
肝腫瘍に対しては血管造影による診断・治療(肝動脈塞栓術、リザーバー動注療法)、腹部エコー下の治療(エタノール注入療法、ラジオ波焼灼術)、経口抗癌剤、分子標的剤(ネクサバール)での治療を行っています。
消化管(食道・胃・大腸)の内視鏡治療を積極的に行っており、腺腫・早期癌に対しては、内視鏡的切除術(内視鏡的粘膜切除術、内視鏡的粘膜下層剥離術)を行っています。
内分泌・代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 23 21.30 14.61 4.35 62.00
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 18 17.78 11.48 0.00 59.39
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 11 17.64 16.31 0.00 66.09
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 - 16.11 12.20 0.00 61.67
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 - 16.86 16.40 0.00 65.57
糖尿病、脂質異常症、肥満症などの代謝性疾患を中心に、甲状腺疾患を主体とした内分泌疾患に対しても診療を行っています。
糖尿病においては、糖尿病療養指導チームでの教育入院を行っており、2週間の糖尿病教室を通じて、血糖値に対する治療とともに糖尿病に対する教育にも力を入れています。
入院、外来を通じて循環器内科、眼科、腎臓内科、血管外科、脳神経外科など糖尿病に伴う合併症に対して院内で密に連携しあい、各種合併症の治療にも取り組んでいます。

※ハイフン(-)は患者数が10未満
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 66 17.06 17.95 24.24 81.50
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 14.17 7.82 19.57 76.28
050080xx9900xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 17 13.82 13.52 5.88 79.00
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 17.36 11.38 0.00 80.73
050050xx99000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - 17.00 6.75 11.11 76.78
循環器内科では心不全、冠動脈疾患、心臓弁膜症、不整脈、高血圧症を含む生活習慣病など循環器科全般の精査・治療・予防を行っています。
特に当科では他職種、他診療科との円滑かつ密接な連携を行いながら、増加する心不全・心房細動・生活習慣病、治療抵抗性高血圧を中心とした診療を行っております。さらに、地域医療機関と密な連携を取りながら診療を行っていくことを目指しております。

※ハイフン(-)は患者数が10未満
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等2なし 42 14.19 12.65 4.76 63.38
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 15.92 12.84 10.53 72.26
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 16 34.75 37.06 31.25 75.06
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 14.53 8.87 6.67 68.93
110280xx99001x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病あり - 10.43 20.88 28.57 65.86
腎炎・慢性腎不全・急性腎不全・電解質異常・透析合併症・ブラッドアクセストラブル・アフェレーシスと幅広く診療を行っています。
腎臓病の多くは検尿異常(蛋白尿や潜血尿)を認める以外は無症状のことが多く、末期腎不全に至るまで気がつかないこともあります。また、多くの腎臓病は不可逆的な経過を辿るので、進行して腎不全に陥ると最終的に透析療法が必要となります。従って、早期発見・早期診断、早期治療が非常に重要になります。

※ハイフン(-)は患者数が10未満
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100380xxxxxxxx 体液量減少症 147 5.56 9.33 0.00 2.90
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 97 5.71 5.79 0.00 4.70
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 96 5.41 6.02 1.04 2.49
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 79 5.43 6.09 1.27 3.61
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 67 5.45 10.17 2.99 3.36
小児科では、肺炎や急性気管支炎、喘息といった呼吸器疾患が多くなっています。
小児病床は一般小児18床(個室6床)・新生児2床以外に産科と共有で観察室とHCU扱いの個室2床があります。外科系入院の小児も一緒に入院診療を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 195 3.80 4.48 0.00 72.47
060035xx99x70x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 副傷病なし 64 4.84 4.84 0.00 69.27
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 副傷病なし 60 5.08 4.98 0.00 69.28
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 49 4.18 4.41 0.00 65.67
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 49 9.55 7.61 0.00 66.51
食道から直腸まで消化管全体と肝胆膵領域の疾患を中心に診療にあたっています。
腹腔鏡手術を積極的に取り入れ、さらに膵頭十二指腸切除や食道切除など難易度の高い手術にも対応しております。
乳癌診療もガイドラインに沿って行っております。
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 49 4.46 3.34 0.00 68.71
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 8.32 5.85 5.26 77.79
050163xx99000x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - 9.38 8.76 0.00 76.50
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等21あり - 15.4 21.94 0.00 72.71
050170xx99000x 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - 6.29 8.28 28.57 69.00
最も症例数の多い下肢静脈瘤の治療は、これまで入院、腰椎麻酔で行っていたストリッピング術に局所麻酔法を導入し、日帰りあるいは2泊3日程度の短期入院での手術が可能となっています。また静脈瘤のラジオ波焼灼術を導入し、より低侵襲での治療が可能となっております
※ハイフン(-)は患者数が10未満
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 86 36.45 27.63 79.07 84.78
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 33 25.39 20.57 63.64 80.97
160820xx01xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 骨折観血的手術等 12 40.33 28.19 25.00 73.92
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 10 19.10 5.49 0.00 59.30
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし 10 15.40 15.97 80.00 78.70
最も多い疾患は高齢者の大腿近位骨折であり、高齢化社会を背景に全国的に増加傾向にあります。
高齢者の脆弱性骨折に関しては、合併症に対する各科の協力のもと、最新インプラントを取り入れながら早期社会復帰をめざしています。
専門的には、肘関節を含む手外科領域の疾患に関して、急性および慢性の病態を問わず、鏡視下手術あるいはマイクロ(顕微鏡使用による微小外科)手術も含めて積極的な治療を行っています
これからの整形外科治療は高齢者の廃用予防を主体とした、リハビリも含む包括的な医療が望まれており、大牟田、荒尾、有明地区の地域中核病院のひとつとして、地域医療施設との病院連携を綿密にはかりながら努めています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 37 2.38 3.44 0.00 76.14
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 17 2.12 5.80 0.00 32.65
080250xx9701xx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2あり - 26.33 45.68 16.67 83.00
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし - 3.60 4.28 0.00 35.80
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2あり - 52.50 49.25 50.00 79.75
形成外科全般の治療を行っていますが、特に難治性足潰瘍や褥瘡、熱傷を含む外傷、眼瞼下垂、先天異常、傷跡や巻きつめの治療、悪性腫瘍切除後の再建などを積極的に行っております。

※ハイフン(-)は患者数が10未満
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 72 21.26 16.54 54.17 71.50
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 69 10.25 9.87 27.54 81.42
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 10.08 7.52 26.00 60.28
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 17.58 19.35 52.50 71.33
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 8.13 7.12 6.67 58.70
脳神経外科疾患全ての診療を行っております。特に急性期脳疾患に対しては24時間体制で対応できるよう臨んでおります。
最も多い症例は、脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)の患者さんに脳保護剤(エダラボン)を投与する治療になります。
また、4.5時間以内の超急性期脳梗塞例ではt-PA投与も常時行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 24 9.21 8.96 0.00 64.50
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 14 5.71 4.28 0.00 56.43
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - 11.29 11.97 14.29 67.57
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2なし - 38.57 30.11 14.29 79.71
080245xx97xxxx 放射線皮膚障害 手術あり - 5.67 8.93 0.00 79.50
皮膚科全般の治療を行っています。皮膚癌に対して検査と治療を行うことができ、検査では皮膚病理組織学的検査、CTやMRIなどによる画像検査、治療では手術、放射線療法まで必要な限り行います。手術に関しては良性、悪性を問わず、また必要に応じ入院や麻酔科管理下での手術も行っております。

※ハイフン(-)は患者数が10未満
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし 42 5.29 5.33 16.67 72.45
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 38 6.11 7.85 0.00 75.05
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 副傷病なし 26 4.04 7.08 15.38 86.04
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 13 14.00 12.52 0.00 70.38
110060xx01x0xx 腎盂・尿管の悪性腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 10 15.40 14.07 0.00 74.50
地域の癌拠点病院としての役割を全うするために泌尿器科悪性疾患(腎細胞癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、精巣腫瘍など)を中心に診療を行なっており、診断・手術・化学療法・放射線治療など集学的な治療を行っております。腹腔鏡技術認定医による腹腔鏡手術も行なっております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 49 6.98 6.42 0.00 52.08
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 34 9.35 9.88 0.00 33.06
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 副傷病なし 33 7.00 7.92 0.00 39.70
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 28 6.96 9.44 0.00 73.68
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 25 5.32 6.05 0.00 35.24
婦人科領域では、子宮筋腫、卵巣嚢腫などの良性疾患は、積極的に腹腔鏡下手術を行っています。整容性に優れ、術後の疼痛が軽く、早期退院が可能です。
子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌などの悪性疾患には手術療法・化学療法・放射線療法を組み合わせた集学的治療を行っています。
産科領域では、地域の中核病院としてハイリスク妊娠の紹介や母体搬送、帝王切開術も多く、小児科や麻酔科をはじめとした他科と連携して周産期医療にあたっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 15 7.07 7.01 6.67 70.80
020280xx99xxxx 角膜の障害 手術なし 11 20.09 14.89 9.09 45.91
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 10 5.10 2.91 10.00 80.20
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし - 8.83 7.72 0.00 68.50
020320xx99xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術なし - 11.50 9.00 25.00 62.25
入院手術は、白内障手術、硝子体手術(糖尿病網膜症、黄斑円孔、黄斑上膜などに対して網膜硝子体手術装置 コンステレーション・ビジョンシステムおよびワイドビューイングシステム リサイトを導入)が中心に行っています。
※ハイフン(-)は患者数が10未満
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 61 7.13 8.12 0.00 20.26
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 24 7.38 7.47 4.17 55.63
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 24 5.21 5.24 0.00 68.25
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 13 7.46 7.75 0.00 59.23
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 13 5.15 5.50 0.00 40.38
慢性中耳炎、中耳真珠腫に対する耳手術、慢性副鼻腔炎に対する鼻内内視鏡手術、頭頸部全般の良性・悪性腫瘍に対する手術を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 46 - - 23 11 49 1 7
大腸癌 25 18 37 160 26 429 1 7
乳癌 14 11 - - - 23 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 15 18 16 - - 154 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの数を、初発の UICC 病期分類別、および再発に分けて集計しています。 UICC 病期分類とは、UICC 病期分類国際対がん連合によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の 3つのカテゴリによって各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の 4病期(ステージ)に分類するものです。
「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。


※ハイフン(-)は患者数が10未満
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 34 14.44 80.21
重症 10 22.50 83.80
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎の定義として、 DPCデータの入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(DPCコード6桁が040080に相当)で、さらにその中でもICD10コードがJ13~J18(肺炎レンサ球菌による肺炎、インフルエンザ球菌による肺炎、その他肺炎)で始まるものとしています。
【ICD10コードとは】
世界保健機関(WHO)が世界保健機関憲章に基づき作成した、傷病に関する分類です。世界の異なる国における傷病の状況を比較できることを目的とした標準的分類で、現在は1990年のWHO総会で改定された、第10回修正版(ICD-10)が採択されています。

※ハイフン(-)は患者数が10未満
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 19 10.42 68.05 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 185 24.36 75.12 48.53
その他 19 19.84 71.37 3.43
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
平成28年度に最も医療資源を投入した傷病名が脳梗塞によって退院した患者さんをICD-10別に集計しています。
(用語解説)
ICD(International Classification of Diseases)【国際疾病分類】とは:死因や疾病の国際的な統計基準として世界保健機関(WHO)によって作成されている分類であり、日本においては第10版2003年度版が採用されています。

※ハイフン(-)は患者数が10未満
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 149 0.99 1.76 0.00 66.11
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 106 1.58 9.15 0.94 74.25
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 63 3.24 15.94 15.87 76.03
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 43 3.60 6.14 2.33 74.86
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 38 1.21 7.82 0.00 75.42
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K597-2 ペースメーカー交換術 11 3.45 12.91 0.00 80.73
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 52 4.17 13.38 13.46 67.69
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 23 0.65 1.43 4.35 67.43
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 17 3.88 16.29 5.88 74.47
K608-3 内シャント血栓除去術 - 0.00 1.00 0.00 63.47
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢に設置した場合) - 5.50 5.00 0.00 49.00
※ハイフン(-)は患者数が10未満
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 - 0.89 5.11 0.00 1.78
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) - 0.33 1.67 0.00 0.67
K6262 リンパ節摘出術(長径3cm以上) - 11.00 1.00 0.00 1.00
※ハイフン(-)は患者数が10未満
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 52 1.98 7.17 1.92 66.63
K6335 鼠径ヘルニア手術 48 1.79 4.58 0.00 63.29
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 46 2.54 8.28 2.17 71.02
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 30 8.43 20.03 16.67 74.57
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 27 0.52 5.93 0.00 26.11
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 36 0.92 2.06 0.00 69.39
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 22 3.09 9.18 4.55 76.45
K617-2 大伏在静脈抜去術 12 1.08 3.83 0.00 66.67
K0842 四肢切断術(上腕,前腕,手,大腿,下腿,足) - 5.63 21.50 62.50 78.00
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) - 2.50 12.63 12.50 71.88
※ハイフン(-)は患者数が10未満
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 25 0.00 1.00 0.00 75.16
K333 鼻骨骨折整復固定術 13 0.00 1.00 0.00 37.69
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) 10 0.50 1.90 0.00 78.90
K2192 眼瞼下垂症手術(筋膜移植法) - 0.00 2.50 0.00 66.25
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - 0.00 1.00 0.00 16.67
※ハイフン(-)は患者数が10未満
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 72 0.17 8.50 22.22 80.65
K1781 脳血管内手術(1箇所) 22 1.91 28.86 31.82 67.27
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 14 24.50 48.93 35.71 63.14
K178-4 経皮的脳血栓回収術 13 0.00 34.31 100.00 82.23
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 12 0.50 36.33 33.33 59.08
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 11 0.82 7.36 9.09 80.45
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - 0.50 3.33 0.00 51.83
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - 1.00 4.67 0.00 54.00
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - 0.00 4.00 0.00 43.50
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - 1.00 5.50 0.00 73.50
※ハイフン(-)は患者数が10未満
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 77 0.55 4.21 18.18 77.17
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 49 1.84 4.37 2.04 76.63
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 21 3.95 12.48 0.00 72.62
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 14 6.21 37.64 7.14 73.36
K843 前立腺悪性腫瘍手術 10 1.80 9.90 0.00 72.20
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 79 1.05 4.84 0.00 47.14
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 40 2.88 6.75 0.00 33.73
K867 子宮頸部(腟部)切除術 22 0.82 2.95 0.00 40.95
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 21 4.76 6.81 0.00 31.62
K8651 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮位置矯正術) 20 1.00 5.00 0.00 71.40
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 124 0.96 1.40 0.81 75.14
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 19 1.11 6.68 0.00 69.21
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) - 1.00 4.83 16.67 68.83
K279 硝子体切除術 - 1.00 1.50 25.00 86.25
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) - 0.75 1.50 0.00 82.50
※ハイフン(-)は患者数が10未満
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 67 1.07 5.18 0.00 22.81
K347 鼻中隔矯正術 14 1.00 4.57 0.00 48.86
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) 13 1.00 4.31 0.00 56.85
K319 鼓室形成手術 11 1.18 9.09 0.00 50.45
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 11 1.00 5.36 0.00 58.55
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0.01
異なる 22 0.29
180010 敗血症 同一 - 0.12
異なる 40 0.54
180035 その他の真菌感染症 同一 - 0.03
異なる - 0.01
180040 手術・処置等の合併症 同一 77 1.03
異なる - 0.12
【播種性血管内凝固症候群(DIC)】
感染症、悪性腫瘍、外傷、手術の侵襲などが原因となり、血液が固まる力が高まり、体中の様々なところで血のかたまり(血栓)ができ、臓器の機能障害が起こるとともに、血小板の血液凝固に必要な成分が大量に消費されるため、出血が止まらない状態のことです。
【敗血症】
感染に対する体の反応が調節できなくなり、命に関わるような臓器障害が起きてしまうことです。
【真菌症】
酵母、カビ、キノコの仲間を総称して真菌と呼びますが、有害な真菌が病気を起こすことを真菌症と呼びます。真菌が皮膚にとどまる白癬症(水虫)のような表在性真菌症と抵抗力の落ちた人や手術や治療のために体に異物が入っている人などに見られる真菌が内臓まで及び深在性真菌症があります。
【手術・処置等の合併症】
術後感染、体内に挿入した機器の異常、適切に投与された薬剤のショック等であり、そのリスクについては術前に十分に説明を行い、適切な予防に努めています。合併症で重要となるのは予防と早期発見であり、入院直後より観察すべき項目を十分に検討して実施しています。

(入院契機の項目)
「最も医療資源を投入した傷病名」が「入院契機となった傷病名」と同じかどうか分けて集計しています。
最も医療資源を投入した傷病名とは、入院期間中に、処置・検査・薬剤・材料などの医療行為を総合的に最も治療を行った傷病名です。
※ハイフン(-)は患者数が10未満
更新履歴
2017/9/29
平成28年度病院指標(第1版)を公表。